狂おしいほど 2017.8.23




先日、通りかかった広場で大道芸人の方がパフォーマンスをしていました

その方は炎のついた棒をジャグリングし、最高脚も使って5本を成功させていました

その方はパフォーマンス中のMCも息が切れながら1人で行い、
日本語で言った後、全て英語でも通訳して

最後にははしごの上でジャグリング
以前に失敗して大怪我をしたと言っていましたから、その時の恐怖感に対して勇気の量はどのくらい必要なんだろう、、とか勝手に想像して見ていました



パフォーマンスは見事に成功して、最後は”気持ち”を帽子の中へ入れてくれると嬉しい!とMCをされ(英語では確実に”Money”と言ってました笑)終了しました


僕も四角い紙を入れさせていただきましたが、土日だったからか小さい子供達が、お父さんやお母さんにもらった四角い紙をこぞって帽子の中に入れていきました


数十分のパフォーマンスに対していったいいくら”気持ち”は集まったのか?
それはわかりません


けれど普通に考えると、同じ額をもっと楽に手に入れる方法はあるでしょう
炎を扱うわけですから常に火傷のリスクはあるし、以前には失敗し大怪我をして病院にも行っています
なんでそんな危ないことをするんでしょう
狂ってます




でも僕は狂ってるくらいがちょうどいいんだと思ってます
狂ってなきゃ本当に好きなことをやるなんてできません


普段の顔と大好きなことをしている時の顔を見比べて見てください
目の輝きも口の大きさも顔の雰囲気も全然違う



以前に失敗した最後の大技が終わり、お客さんが「オォォー!」となった瞬間、その人はすげー満足そうな顔でした
狂える理由はきっと、、、

大道芸をしている自分
難しい技を決める瞬間
それを見て喜ぶお客さん


それらが”狂おしい”ほど好きなんだろうなぁなんて思います


「ゆっくり生きる術なんて知らない
ここはステージ遠慮は要らない
やることはやりますわ 高みの山目指せ」
ルパン・ザ・ファイヤー/SEAMO
最後まで読んでいただきありがとうございます
スポンサーサイト

見た目とセルフイメージ 2017.8.22





今日の午前中は健康診断
一年前の数値と見比べましたが増えてたのは体重くらいですかね(笑)
とは言えBMI数値は平均だったので良かった
なんとか体型はキープできているようです(笑)



思えば体型もそうですが、ファッションや髪型も同年代の男性の中では気を使っている方だとは思っています

元々はどれもが無頓着で、髪の毛なんて自分で鏡も見ずにザクザク切っていた時期もあります


当初はオシャレな人に憧れることがあっても、オシャレに気を使っている自分に対して違和感しか感じませんでした
それだけ見た目に対してのセルフイメージが低かったんですね
学生の頃は今より10キロ以上太ってましたし、服も髪型も一度はバカにされた経験から見た目にすごくコンプレックスがありました

なので人に会うのも外に出るのも好きじゃなかったんですね



ある日友人の彼女が美容師の見習いをしていて「自分で切ってます」と言うと「それはアカン!」と言われたのを覚えています

ちょうどモデルカットを募集していたので、まぁタダだしと通ったのが僕の美容院デビューで、この時すでに25.6歳です
同年代に比べるとだいぶ遅いです
けれど、こうしてちゃんと美容院に通ってプロに切ってもらって仕上げてもらうと全然違うし、周りからも「イイね」と言ってもらえることも増えました
美容院の帰りはすぐに帰りたくなくて、無駄に街中を歩きたくなったりしました(笑)


これって完全にセルフイメージが上がってる状態です
このセルフイメージが高いか低いかは、自信やその人の雰囲気にも大きく影響してきます


見た目はセルフイメージを上げる一番早い方法ですから、「中身で勝負!」と言う前に「見た目に気を使える中身を持つ」といいんじゃないでしょうか



「僕が僕だと 気づくためには
その限界を 何度も何度も
超えていくんだ そして出逢うんだ
誰かじゃなくて 僕になるため」
夢/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

根本の感情 2017.8.21




好きなことややりたいことをしましょうと話をしていると、たまに「じゃあ好きなことばっかりしてていいんですか?」と質問されます

純粋に聞いてくれる人は少数派で大半は小バカにしてたり否定的な感じですが(笑)



答えをいうと「イエス」です
ただ好きなことややりたいことの根本がどこから来てるかが重要で、
心の底からやりたくて、考えただけでワクワクして、やってると充実感に満たされる
これくらい情熱があるなら成功するでしょう

ただここまでの情熱を傾けられるものと出会えている人は少ないと思います



一方で、〇〇はめんどくさいから好きなことしてようとか
〇〇は嫌だからやりたいことで生活したいなとか
好きなことややりたいことが、嫌なことを避けるための手段になっているとなかなか上手くいきません


全てはこの根本の感情がどこから来てるのかが大事で、よく風水などで〇色は金運が上がるとか財布はこの形がいいとかあります
もちろん風水としての力は流れますが、好きじゃない色だけど金運があがるなら、、、
この形の財布あんまり好きじゃないけど、仕方ないなあ、、、
とかって使うと効果はあまり期待できないですよね
だって根本に「気に入ってない」がありますから



だったら好きな色や好きな形をワクワクして使った方が効果はあると思います


その行動の根本はどこから来たのか、それによって同じことをしていても結果は違ったものになっていきます
だったらワクワクする側面をつきつめていきたいですね



「到着だよ ほら 覚えてるかな いつか付いた傷があるだろう
君の涙が生まれ育った ふるさとがあるだろう」
涙のふるさと/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

見えない恐怖 2017.8.20




先日のお盆の時期、母親が要らない粗大ゴミを捨てるということで使っていない二段ベットを解体しました


その時、ついでに捨てるものあるかと聞かれて目に付いたのはダイビングセット


買ったのは12年前、フル装備入ってるので小学生くらいなら余裕で入れるくらいの大きさです

これまで何度か捨てようか迷ったことはあったのですが、チャック部分が海の潮で錆びついてて開かなかったんです
捨てるなら穴開けたらいいじゃんと思うんですが、なんか勿体無い気がして捨てられなかったんですよね
それに外側のチャックが錆でえげつないことになっているのに中身はどうなってるんだ?虫とかわいてたらすげー嫌なんだけど、、と何かと理由をつけて中身を見ないように避けていました



で、意を決し外側をハサミで切り裂いて、中身を取り出しました


すると、出て来たのは新品かと思うほど綺麗な装備の数々
中身の見えない恐怖は一体何だったの?
と思うくらい



最終的には使えるものと使えないものに分けて処分しましたが、中身のわからないものに僕らは恐怖を感じます
よくテレビで「箱の中身はなんだろな?」と何が入ってるのかわからない箱に手を入れて中身を当てるというゲームがありますが、わかってる視聴者からするとビビってる姿が面白く映ります

けれど当の本人からすれば箱の中に手を入れるのさえ怖がってたりします
けど、これかな?とイメージできた途端、スッと触れたりしてるんです

つまりは恐怖心は頭に勝手に描いたイメージだと言うことですね



怖いから逃げると、その怖さは時間とともにどんどん大きくなって心に居座ります

けれどちゃんと向き合えば、思ったほど大きくないことに気づきそのうち消えてくれます


これはどんな感情もそうですが、見ないように避けていると「おい!俺ここにいるぜ!」と主張するように大きくなっていきます


日常でも店員さんに「すいません!」と言って気づいてなかったら、声の大きさをあげてまた「すいません!!」とアピールしますよね(笑)
すぐに来なくても「少々お待ちください」って言われたら安心するし、それ以上アピールはしなくてすみます
感情もこれと同じです



気づいてもらえると主張は止む
避けていたものがあるなら少し向き合って見ませんか?(^^)



「死ぬわきゃないよな事ほど我慢してたら死にそう」
Out Of Orbit~Triple ZERO~/T.M.Revolution
最後まで読んでいただきありがとうございます


ブレイクタイム 2017.8.19




仕事でもプライベートでも上手くいってるなぁ、充実してるなぁと感じる時は
色んなスイッチがオンになる


好きなものに対してのセンサーのスイッチだったり
面白そうなもの、興味をひかれるものを察知するセンサーのスイッチだったり


だから充実してるときほど時間がない
仕事にプライベート、好きなことをやる時間、興味惹かれたものをやってみる時間
いわゆる休みの日が無いようなもん


でもこういう時は同時に
休まなくても元気なスイッチや
効率よく時間を見つけるスイッチも入ってるから、動けてしまう

周りから見れば”少し休んだら?”と声をかけたくなるほどに


もちろんこの状態が永遠に続くわけでは無いから適度に休むこともやっぱり必要



で、逆に上手くいってない時は全部この逆
好きなことも楽しいと感じないしやりたくない
何にも興味を惹かれない
体と心はすぐに疲れて
無駄な時間や非効率なことしかできなくて
結果、、時間がない


どっちにしても忙しさってあんまり変わらないんだと思うんです

ただ上手くいってるときは「どうやって時間を作ろうか?」と時間があること、作ることが前提の思考で

上手くいってない時は「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と時間に追われていて時間が足りないことに意識が囚われているような状態



この良い悪いの波は数ヶ月だったり数週間だったりするけれど、1日の中でだってある
朝からずっと勉強や仕事、会議なんかで疲れたときに休憩や息抜き、気分転換をするのは心の状態を一旦ニュートラルに戻して良い状態に持って行きやすくするため


上手くいってない時や時間に追われてるときほど「休憩する時間がもったいない」ってなりがちだけど、そんな時だから少し立ち止まって休憩することが必要なんだと思います



「口癖の様に言う「どうせ」 物事暗く悪い方へ
そう思うのはむしろ簡単 早いよ自分見切る判断」
Continue/SEAMO
最後まで読んでいただきありがとうございます
プロフィール

ヒガシユウキ

Author:ヒガシユウキ
ありがとうございます、ヒガシユウキと申します。
読んでいただいた皆さんが少しでも笑顔で前向きになるブログを目指しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR