FC2ブログ

見た目 2016.5.14




人は外見投資をすると生涯年収が4~5000万変わってくるという


エッ?見た目だけで?
そんなバカな(笑)


懇意にしてもらってる印象コンサルタントの方に聞いた時の僕の率直な感想がこれだ


専門家が言うんだし、ほんとかもしれないけど、、、
と知識として知ったけど、にわかに信じられなかった


だけど先日こんな事があった


僕は食品衛生上、帽子を二重に被って仕事をしている
お昼休憩時、帽子を取ると髪はもちろんぺったんこ
どんなに水やワックスを使っても、もともとの毛質も合わさってその日は元に戻らない
なのでこの仕事の日は基本的に人と会う約束は入れないし、会いたくない



そんな中休憩していると知っている顔が遠くに見えた

昔アルバイトをしていた時の後輩
一緒に働いた期間は長くはないけれど、別段仲が悪いこともない
普段なら「久しぶり~」と声を変える僕だが声をかけられなかった

声をかけなかったじゃない、かけられなかった


理由は明白
髪がぺったんこだからだ
周りもぺったんこ族だから気にすることもないのかもしれないが、そんな積極的になれなかった


この時ハッとあの言葉を思い出した


「人は外見投資をすると生涯年収が4~5000万変わってくる」



もし、普段通りの僕なら、それ以上の僕なら声をかけていた

これがあらゆるシーンで繰り返されたらどうだろう


プライベート、ビジネス、あらゆる人との出会いを減らしていくのではないだろうか

さらに見た目が上がることでセルフイメージも上がり積極性が上がる


それらのチャンスを全部足せば4~5000万も、いやそれ以上の損失になるんじゃなかろうか


ってことで外見投資始めます(`_´)ゞ




「さみしい顔をした 小さなおとこのこ 変身ベルトを身に着けて 笑顔に変わるかな」
つけまつける / きゃりーぱみゅぱみゅ
最後まで読んでいただきありがとうございます
スポンサーサイト



好きなカバン  2016.1.14



ファッションが苦手な私ですが実はカバンが好きなんです。
BAGGYPORTというブランドなのですがかれこれ10年以上カバンはそこでしか買っていません。

革製品や帆布を使ったカバンで私は主に2WAYで使えるタイプを多く購入し愛用していました。
春過ぎにオーダースーツを仕立てようと思っているのでそれに合わせてビジネスバッグを探しに元町にあるショップに足を運びました。


お店には室井滋似の店員さんがいて、いろいろ説明をしてくれたのですが雰囲気もなんか似ていました。
(本物にお会いした事は無いですが、、、笑)
ビジネスバッグといってもビジネスビジネスしたものというよりはデザイン的にも少しカジュアルなタイプを求めていたので、何点か見せてもらいましたが、どれも欲しくなってしまいます。
むしろお店に置いてあるものすべて買い取りたいくらい好きなんです。


A3サイズが入るバッグとか今の所絶対使わないと思うのですが、持っていると注目されそうで欲しくなったりと目移りしながら何点か候補を絞ってきました。
価格帯もどれも3万あれば買える程度ですので、こだわって持つ分にはお手頃かと思っています。


新しいスーツを着て、新しいカバンを持って、そんな自分を想像するだけでワクワクしてきます。
理想の自分、その時着ているもの、姿勢、声のトーン、表情など細かくイメージし既にそうなっているように振る舞う。
理想の自分になる第一歩です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ファッションの1st ステップ    2015.11.10





いざ、ファッションについて知ろうと思っても、何から手をつけていいのかわからない現状。


でもこれってよくよく考えたら、多くのファッション初心者はここでつまづいて、めんどくさくなっていると思うんですね。



「好きこそもののじょうずなれ」
っていうようにまずは、ファッションを好きになればいいんじゃないかと思います。

じゃあどうやって好きになればいいんだと。


全く興味のない人はさておき、「知りたい」と思っている時点で多少なりとも興味があるってことですよね。
オシャレになりたい!や、とにかくモテたい!など目指すベクトルは違えど「ファッション」というツールを使うということに変わりはありません。

なので、まずは「雑誌を読む」
雑誌は視覚的に入ってくるのでイメージがしやすいのが1つのメリット。
読むのはトータルコーディネートのページだけでいいのです。
ファッションって言わば、全体のバランスですよね。
アンバランスでもそれがひとつの芸術として完成されてればいいわけで、そういった感性がファッションの定義なのではないでしょうか?
なので、人と違っていいし、最終的にルールなんてあってないようなモノだと思ってます。
だからこそ、私のようなタイプはとっかかりが解らなくて四苦八苦するのですが、、、(笑)


なので単品の紹介ページなど始めは読み飛ばして、トータルのページだけ読み漁りましょう☆
でも立ち読みの雑誌をスマホで撮ったらダメです!
ちゃんと買うかメモするか、頭に刻み込みましょう。


あとはファッションが得意な友人に服屋についてきてもらう。

自分の考えにはない新たな一面が出てくるかもしれません。
これは、同性異性構いませんが目指すベクトルで変えればいいのではと考えます。
同性であれば、やはり同性に認められる率が上がると思います。
異性の場合、異性全体というより選んでくれた人の感性や好みが出るので、その子や近い感性の人からの評価は上がるのではないでしょうか。
これを水野愛也先生の「Love理論」ではファッションマグロ理論として詳しく書かれていたので、気になる方は読んでみてください。

ちなみに私は19歳の時、同性の友人に選んでもらった服はビジュアル系ホストのような、ビンビンの襟、ボタンは上も下も外して着る(付けてるのは真ん中の2つほど)
シルバーアクセという着こなしでした。
何も知らない私は約1年そのファッションがオシャレだと信じ過ごしました。
友人の彼は似合ってたからいいんです。
当時の私は坊ちゃん刈り時々センター分けの黒髪オタクですから、悲惨なことになっていたでしょう。。。。

アドバイザー選びも慎重に(笑)

ただ私は、それを「経験」することで、これは私の好みじゃないし、似合ってないことを「知りました」

やはり「経験」して「知ったこと」でないとなかなか身につきません。


ので最後は色んなパターンのコーディネートを試着するってことです。
試着はタダです!(お店の人スイマセン)



できることから始めると案外、いけるようになるものです。
Let'sオシャレライフ☆




最後まで読んでいただきありがとうございます。

ファッション用語 2015.10.27



私はファッションが苦手である。
いや、厳密に言うとファッショントークが苦手。

ファッション自体は好きだし、お金があればファッションに対しても使いたいと思っています。
ただ優先順位がそこまで高くないってだけ。


ファッショントークが苦手なのは用語が全然わからないからです。
今まで、上着って言ってたのにアウターって言い出したり。
メガネをアイウェアって呼んだり。
同じものを指す言葉がたくさんありすぎて、外国人が日本語難しいっていうくらいの難易度を感じています。

なのでファッション用語事典で調べてみました!
(〇〇)は普段私が呼んでいる呼び名です(笑)


・アパレル(服屋)
服飾の意味

・アンクルソックス(短い靴下)
くるぶしまでの短い靴下

・インナー(下に着るもん/「下何着てるん?」)
シャツやTシャツなど肌に直に着るもの、肌着、下着も含めての総称

・Aライン
上が小さくすその広がった服、Aのシルエットに見える。

・スリッポン
紐やマジックテープなどの留め具のない靴の総称。主にジーンズや布製。語源は「スリップオン」滑り込むという意味から。
革製品の場合はローファーと呼ばれ、スリッポンの一種。

・タックイン(シャツをイン)
シャツをズボンの中に入れる事。

・パンプス(レディースの靴)
甲部分が大きく開いて、つま先とかかとが覆われている靴。
かかとがないハイヒール型のものはミュール。

・比翼(オシャレ止め)
表からはボタンやボタン穴が見えないようにボタン留めの生地を二重にしているもの。

・ブルゾン(ジャンパー)
日本でブルゾンと言う場合は、カジュアルで裾と袖口が絞られた前開きのアウター。
オシャレ重視、ブルゾン
機能性重視、ジャンパー



、、、、調べれば調べるほど、限りなく出てきました(笑)

とりあえず、少しずつ単語を覚えていこうと思います。
語学もスペルからって言いますしね^_^

ただ知らなかった単語を覚えると、使いたくなります。
これも一種のセルフイメージアップかも^ ^



最後まで読んでいただきありがとうございます





ミニスカート  2015.10.18



本日10月18日は「ミニスカートの日」とされています。
由来は1967年(昭和42年)にツイッギーが初来日した日であることです。

このツイッギーとはどのような方なのか?
簡単に調べてみました。
彼女は1949年9月19日生まれのイギリスの女優、モデル、歌手です。

彼女は1960年代のロンドンの顔として世界的な知名度と人気を得て、華奢な体型から「ツイッギー」(小枝)の愛称で呼ばれていました。
18歳の時日本に来日した時、身長165cm、体重41kgの売れっ子ファッションモデルで「ミニスカートの女王」と呼ばれ日本の若い女性から羨望の的とされていました。
余談ですが森永製菓の「小枝」はツイッギーの名をヒントに誕生したと言われています。

そんな彼女が流行の先端となって流行ったのがミニスカート。
ミニスカートは特に規定があるわけではないですが履いた時に膝が見えるものをミニスカートと呼び、さらに太ももの中央よりも丈が上に行くものをマイクロミニスカートと呼ばれているそうです。


日本ではツイッギーをはじめ、来日同年の野際陽子や美空ひばりが着用し話題になり、全国に広がっていきました。
それ以来ブームを何度か繰り返し、1990年代中盤以降女子高生のスカート丈は短いほど可愛いという風潮が表れ、自らウエスト部分で折り曲げたり、既成のものも膝下丈から膝丈や膝上丈となる制服が多くなったとされています。


暑い夏はもちろん寒い冬でさえ履かれているミニスカートですが、男女間で意見が変わります。
あるサイトが日本全国のモニターを対象に「私服でミニスカートを履く時の理由(男性は女性の理由を予想)」を調査したところ、女性側は単純にかわいいからという理由が45.0%とダントツ1位に対して男性側は異性を意識している、異性からの注目を集めたいが1位で35.4%で可愛いからは2位で29.9%でした。

このことからやはりミニスカートは異性のハートをゲットするのにはマストなアイテムだと予想されます。
しかし男性側から言わせてもらうと、ミニスカートを履く側にもマナーを求めてしまいます。
例えば男性がミニスカートの女性を舐め回すように見ていたらセクハラ確定だと思います。
しかし電車に座る時や階段などでスカートをガードしていないと下着が見える確率は上がりますが、この時の男性の心境は1番は戸惑いなのです。
下着が見えるかもという期待感は少なからずありますが、それ以上に目のやり場に困るという戸惑いの方が大多数を占めます。
注意をしようものならセクハラや白い目で見られるなど、、ミニスカートを履く女性は是非ともマナーも一緒に持っていただきたいと思います。


また男同士だとミニスカートを履いてもいい女性、履いたらダメな女性などの話題もしばしば上がります。
そこで言えるのは、履いたらダメな女性とは履き方が下手な女性と言えます。
スカート丈を短く太もものあたりまでもっていってしまうと太ももの太さを起点に足が見えてしまいます。
よほど細い人でないと実寸よりも太く見えてしまい逆効果になってしまいます。
これはレギンスなどでもそうですがふくらはぎで区切ってしまうと太く見えがちです。
レギンスの場合足首までの方がスラッとした印象を与えますし、ふくらはぎで区切るとおばさんのイメージがよぎります。

そう考えるとミニスカートはひざや膝上で区切るのが上品かつ可愛く見えるのではないでしょうか?
以上一人の男性からの目線でした(笑)



最後まで読んでいただきありがとうございます
プロフィール

ヒガシユウキ

Author:ヒガシユウキ
ありがとうございます、ヒガシユウキと申します。
読んでいただいた皆さんが少しでも笑顔で前向きになるブログを目指しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR