FC2ブログ

「K」BUMP OF CHICKEN 2015.8.31


私の好きなアーティストにBUMP OF CHICKENがあります。
以前、音楽を聴く時に歌詞を重視すると書いたのですが、まさに歌詞の世界観がドンピシャで響いてくるのです。

そんなBUMPとの出会いは2001年に「天体観測」がリリースされたぐらいでした。
天体観測はラジオで聴いて、かっこいいなぁと思ったのですがどこの誰が歌っているのかも知りませんでした。
同じ頃、私は高校を卒業し演劇の勉強をしていました。
そこで出会った友人とカラオケに行った時のこと、友人が「K」を入力し私に「この曲、お前好きやと思うで。」と一言。
とりあえず自分の曲選びを横に置き、聴く態勢の私は画面に映る歌詞に釘づけになりました。


歌詞がお話になっている、、!
最後どうなるん?
(ラストまで聴いて)マジかーーー!涙


ってな感じでした。
ラストのオチの部分、曲名の意味も感動したのですが、なにより私を惹きつけたのは主人公である黒猫と絵描きの友情でした。
まるで絵本を読んでいるかのように、黒猫と絵描きのやりとりがテンポのいいリズムと共に映像となって頭の中にイメージ流れてくるのです。
BUMPの特徴でもある軽快なリズム運びと流れるようなストーリー展開、ラストに明かされる「K」というタイトルの意味など聴き応えは抜群。BUMP初期の名曲の一つではないでしょうか。


最近のBUMPの楽曲はいろんな解釈ができる歌詞になっていますが、「K」に関してというかインディーズ時代は総じて直球が多いイメージです。
ストーリー内容も黒猫と絵描きの友情、交わした約束を命をかけて果たすんだというもので、青臭いといえば青臭いのかもしれない。
でもこれが魅力だと思います。

青臭いことや綺麗事を直球で言ってくる人って少ないと思います。
なぜならこの二つには夢や希望がセットになっているからです。
夢を語っている人って自分の周りに何人いますか?
それに向かって行動を起こしている人って何人いますか?

語る→動く

ただこれだけで変わります。
週に1回教室に通う、休みの日に具体的に調べて見る。
これだけで昨日の自分より1歩夢に近づいてませんか?


以前の私もそうでしたが、夢を語るとしばしば自分に酔います。
酔ってる時は語って終わらせてしまってました。
何か劇的なことが起きて、日常がガラッと変わるのを待っていたのです。

でも何も変わらない、いつもの日常が延々と続いていくだけでした。
そのうち酔いも覚め、夢を見なくなると景色は本当に色があせてしまったように映るんです。
ネガティブなになり自己嫌悪に陥り、毎日が苦しくてたまりませんでした。

その後は自分を癒すワークをしたり、やりたいことがなんなのかひたすら自分と向き合いました。
この辺りは機会があればまた詳しく書きたいと思います。

今は少しでもやりたいことがあれば、調べてやってみることにしています。
今年富士山に1人で登ったのも始めはそんな感じでした。
いつかは登ってみたいな→実際登れるのっていつからいつまでなんだろう→みんな1日で登るの?泊まるところあるの?→何がいるの?
こんな風に具体的にしていくとどんどん頭が勝手に「いつかは」から「もし行くとしたら」に前提が変わってくるんです。


とりあえずまず動いてみる。
やりたいこと、行きたいとこ、欲しいもの、漠然としているなら少し具体的にしてみませんか?
そうすることで日常は少しずつ変化していくものだと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト



思い出 or 後悔 2015.8.30


私は同年代の人と比べると健康には気をつけている方かなぁとは思います。
もちろん仕事柄なのもあるとは思いますが、飲料は基本、水素水ですしシャンプーや洗顔なども防腐剤や添加物が入ってないものを選んだり。


ある日母親に言われました。
「そんだけ、気をつかって効果あるん?」


私の答えは「わからん」でした。
もともと何かの病気や身体の不調があれば、改善という目に見える結果が付いてくるかもしれませんが、とてもありがたい事に健康体が続いています。

◯◯が不足すると病気になりやすいとか、防腐剤の◯◯はこういう悪影響がある、とか

実際、自分の周りには薬事法もぶっ飛ばすような体験談や見た目からして改善された方も多くおられます。
が、気をつけている結果が今という健康に繋がっているのかどうなのか?
パラレルワールドの自分を連れてくるしか確かめる方法がないです。


じゃあなんで気をつけてるの?
健康に対してお金をかけるの?

その答えを考えました。

2つ答えがでました。

一つは「自己投資」です。
いつまでも若々しくありたい、健康でいたい、それだけでセルフイメージが上がります。
余談ですがうちの祖父は90歳越えても世界中、旅行に行ってました。
私の憧れです。

そしてもう一つがもっとも私の中で大きな理由であり、一つめにも通ずる箇所もありますが「後悔」です。
どんなに気をつけていても、病気になるときはなるでしょう。

日常気をつけて病気にかかったら仕方ないと思えるかもしれません。
でも気をつけていない場合「もし気をつけていれば病気にならなかったかもしれない」という期待を持ちます。
この期待はいわゆる「たられば」というやつです。


「たられば」とは、、
《「もし…していたら(したら)、もし…していれば(すれば)」の意》事実とは無関係な仮定の話。また、事実とは異なることを仮定してする後悔。してもしかたがない話という意味で使われることが多い。


人間はやった後悔よりやらなかった後悔の方が後々まで残ります。

理由は簡単で心には記憶の美化という作用があるからです。
やった後悔はこの美化作用で傷も癒え、あの時は◯◯なことするなんて大胆だったなど笑い話や思い出へと変わっていきます。

しかし、やらなかった後悔はどうなるか?
美化される結果を起こしていないので、「もしかすると」と、たらればが登場し、していればこうなっていたかもという希望を見せてきます。
結果的にやればよかったという後悔に辿り着いてしまうのです。

学生時代に告白して振られた相手より、告白せずなにもしなかった相手の方がよく思い出せるのもこの為です。

よく「反省はしても後悔はするな」と自己啓発やビジネス書には書かれたりしているので、見聞きした方も多いと思います。
もちろんその通りと思いますし、このように生きれれば素敵だと思います。
しかし後悔はします、人間だもの。
みつを的書き方をしましたが、いたって真面目です(笑)


日常は選択の連続です、しかも正しい答えもありません。
であれば自分の中の正しいと感じる答えを選び続けたいですよね。
後悔もあれば迷いもある、迷った結果しないという選択もありだと思います。
でもある人が言っていました。
「迷うってことは、可能性を感じてるってことだよ」
これを言われた時から私は迷ったらやってみるを、ほんの少しの勇気を出して行うようにしています。


もし今の人生が「たられば」が叶った2度目の人生だったとしたら、あなたはどちらを選びますか?



最後まで読んでいただきありがとうございます。

袖振り合うも多生の縁 2015.8.29


先日、高校の友人M氏と飲みに行きました。
昔の事、友人の事、健康の事、女の事、人生の事・・・etc
不思議な事に出会いから数えると人生の半分以上、M氏と付き合いがある計算ですが実際タイマンで飲みに行ったのは2回目、前回も流れから最終2人になったと考えるとスタートから2人というのは初になります。
つくづく縁というのは面白いものだと感じます。


「袖振り合うも多生の縁」ということわざがありますが、
意味は袖が振れ合うというささやかな出会いでさえ、単なる偶然ではなく前世からの深い縁があってのことだから、人との出会いや絆を大切にしましょう。
という仏教の教えから来ています。
実は昔「多生」を「多少」と誤って、袖が振れ合うのもなにかのご縁ですね、という意味だと思っていました。
「多少」は読んで字の如く多かれ少なかれという意味ですが、
「多生」は輪廻転生や生まれ変わりのことを指します。
なので意味を聞いた時、実はすごく深いことを意味していたんだと知りました。

輪廻転生や生まれ変わりとかというと、「実際にあるのか」というのは最終個人の価値観によるものと思います。
私自身はあると信じていますが、あることの証明はできません。
文献や前世の記憶をもった方もおられますが、実際過去に行って確かめることもできません。
信じていない側からしても「無い」ということを証明できませんし、おそらく自分が体験しないことには100%にはならないと思います。
ただ私はあると思った方が楽しい、こういう考え方が好きというだけです。

これは日常、価値観が違う人と出会った時にも当てはめています。
「なんでこんなことするんだ」「ありえない」「普通○◯だろ」
と、言い争ったところでどちらが正しい、間違いなんてないんですよね。
自分と同じ価値観をもった人間なんて存在していません、育った環境や文化も違う、双子であっても極めて似ていても違うんです。
「普通や常識」といった言葉も「多数決の多い方」と捉えています。
とはいえ人に迷惑をかけたり危害を加えたりしませんし、言い争った時は一瞬のイラッ!って感情はもちろんあります(笑)


最近では海外からの観光客も増えて、マナーが悪いといった声も聞きますが、それってただ単に知らないだけなんだと思います。
マナーや文化を教えられる人間になりたいですし、そのためにも日本のことを日本人として知りたいなと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

男のヒーロー 2015.8.26


今日、隣を歩いていた兄妹のお兄ちゃんが素敵すぎました。
お兄ちゃんは中学生くらいかな?


兄「ほんまにやりたいなら、どんなにしんどくてもやるべきやと思うよ。」
妹「・・・」
兄「失敗した俺が言うのもなんやけど・・・。」
妹「・・・」
兄「みんなが受かって、俺だけ落ちて、めっちゃ悔しかったし、めっちゃ惨めやったけどさ。」
妹「・・・」
兄「でも○◯にはやりたいことやってほしい」


とそのままエスカレーターに乗って行きました。
「こんな子供が人生を理解している!」
私は驚愕しました。
そしてお兄ちゃんの必死な気持ちが隣で聞いているととても伝わってくるのです。
最近、こんなにも真剣に想いを誰かに対してぶつけたこと無いなぁと感じた夕暮れでした。



私が目指すライフスタイルの一つに「子供たちに憧れられる大人になる」というのがあります。
早く大人になりたい、だってあんなに楽しそうだから
大人になると今よりももっと楽しそう
そんな風に思ってもらいたい、「大人」というものに夢を持ってもらいたいのです。
子供の頃に憧れたヒーロー、男の子なら誰もが仮面ライダーや戦隊ヒーロー、ウルトラマンなどになりたいと一度は思ったと思います。
でも成長とともにみんな卒業し、ヒーローは子供だけのものとなりました。
しかし私は卒業できませんでした。
今でもヒーローになりたいのです。
もちろん変身して悪の怪人と戦うことはできません。
スポーツも歌もダンスも才能はありません。
でも、だからこそ誰でもヒーローになれるというのを証明したい。


そう思っています。
自分が夢を語り、行動し、夢を叶える
これができて初めてスタート地点
だって自分が幸せじゃないのに誰かを幸せにするなんておこがましいと私は想う。
自分の夢が叶ってないのに誰かに夢を与えるとか魅せるなんて傲慢だと想う。


だから私はめいいっぱい、人生を楽しみます!!
幸せになってはいけないって誰にも止められてませんから。
今の生活の中で少しでも好きなことをやっている、そんな大人たちが増えるだけで世の中変わると本気で思っています。



今日は熱くなりすぎました、でも度々こんなの書くと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ギャップ・ギャッパー・ギャピニスト 2015.8.25


私は音楽を聴くとき「歌詞」を中心に考えるタイプです。
もちろんファーストコンタクトはメロディーや曲調ですが、いいなと思えば歌詞を聴いて自分の中の好きフォルダに入るかどうかが決まります。
なのでメロディーがめっちゃ好きでも歌詞に共感できないと好きにはならないですし、逆にメロディーがあんまりでも歌詞の言葉選び、ストーリーなどがハマれば好きになります。
中でも1番悔しいのは、あまり好きじゃない歌手がめっちゃいい歌詞を歌っていたりすると「お前のこと、好きになってまうやないかー」と心の中で葛藤した挙句、大概好きになります。
それも好きの中でもけっこう上位に食い込んできます。

いわゆるギャップ効果というやつですね。


心理学の世界ではゲインロス効果と呼ばれています。
このギャップ効果、いまでは恋愛の分野でよく使われていますが、実は男女で見ているポイントが違うのはあまり言われません。


まずギャップ効果についてですが、科学的にも実証済み。
gain(得る)とloss(失う)の差が大きければ大きいほど相手の影響を与えるというものですが、、、

具体例1
見た目も怖い、喧嘩上等のヤンキーが公園で捨てられた子犬にお弁当の残りをあげていた
(ほんとは優しいのかも)

具体例2
品行方正、仕事もこなすOLさんが誰もいないところで罵詈雑言を吐いていた
(ほんとは腹黒いのかも)


というように極端ですがこのような感じです。

では男女でどのような違いがあるのかというと、
女性は「チャラそうなのに真面目」や「ぶっきらぼうだけど優しい」「クールそうなのに話してみると気さく」
など男性のマイナスからプラスへのギャップに惹かれているのに対し、

男性は「テキパキしているのに天然な一面」や「ツンツンしているの人のたまにみせる弱さ」
など女性のプラスからマイナスへのギャップに惹かれるという傾向があります。

女性の場合、「嫌われるかも、、」と出してない弱い部分を出すといいかもしれませんね。
くれぐれも出し過ぎにはご注意を


最後まで読んでいただきありがとうございます。

自信をつける方法論とは 2015.8.23


本日は仕事でお世話になっているKさんとカフェトーークしてきました。
ビジネスからダイエットまで約2時間程お付き合いいただき、大変有意義な時間となりました。
Kさんとはかれこれ7年ほどの付き合いになりますが、同い年とは思えないほどの行動力と貫禄。
正に結果に裏打ちされた自信がみなぎっている状態です。



さてこの「自信」というもの、とても厄介なやつです。
みなさんは自分のことを信じていますか?
自分を信じられているかどうかは、自分の人生の質において大きなウェイトを占めています。
どうすれば、自信をつけることができるのかは命題の一つですし、私自信日々模索している最中です。
この瞬間でもネットで検索すれば山のように自信のつけ方なる方法がでてきます。
しかしこの方法全てが正しいかどうか、私は正直疑問に思っています。
正確に言うと、どの方法でも上手くいく可能性はあるがどの方法でも上手くいかない人もいる。って感じです。
一番よくある方法としては、「小さな成功体験の積み重ねが自信につながっていく」というもの。
これに関しては実際その通りだと思うし、正論中の正論だと思います。

しかし私は落とし穴が一つあると思っています。

それは他者から見て成功だと思っても、自己から見て成功だと思っていなければそれは成功体験になり得ないのでは?ということです。
つまりは小さな成功体験を成功体験と捉えてこその方法論だと思うわけです。


ではこの数多くの方法論をどう活かすのか?


その為にも私は解釈論が必要だと思います。
一つの出来事に対して「小さな成功」と解釈するのか?
それとも「普通のこと」として解釈するのか?
その人のもつ解釈や思考のクセを変化させる、大きく言えば自分を変えるという事がベースにあればどの方法を使っても最低限の効果は発揮されるはずです。


となると自分を変えない限り、自信はつかないのか?というと答えはノーです。
解釈の関係ない方法論を使えばいいのです。


それは、、、「大きな声を出す」というもの。

自信のない人の特徴として声が小さいという共通点があります。
心と身体は繋がっているのでそれだけでも心は反応します。
普段より少し大きな声で「おはようございます」と挨拶するだけで周りの印象も変わりますし、すでにそれが小さな成功体験ではないでしょうか?
それを成功体験と解釈できる人であれば、数ある方法論も有用性が増すと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

幻想郵便局 2015.8.22


本日はオフでした。
休みの日にすること=趣味と呼べるのだろうか?


私は本が好きで暇さえあれば本屋に立ち寄る、、、いや無くても行く時間を作るほど好きです。
本はもちろんですが本に囲まれた空間がたまらない。
20代の頃は時給が低かろうが本屋で働きたくてたまらず、実際働いていた。(だが勤務時間の9割はレジだった)
しかし図書館は違う、図書館に行かれる方なら理解していただけると思うのですが図書館には独特の匂いがある。
どんな匂いと言われても「図書館の匂い」としか言えないのですが。
おそらくは年季の入った本・紙の匂いなのだと思う、なので古書店も苦手です。
つまりは「新しい本の香りに包まれた空間が好き」ということになります。
そんな私が自由気ままに読んだ本のレビューを書こうと思います。

というわけで本日紹介するのは



『幻想郵便局』著:堀川アサコ


今年の6月ごろ、横浜の書店に立ち寄った時、棚に表紙が見えるように立てかけられての出会いでした。
他の書店では背表紙だけで並べられている状態だったので、あそこで出会っていなければおそらく出会うことはなかったでしょう。
あらすじは主人公のアズサ(就職浪人中)が履歴書の特技欄に書いた「探し物」のおかげで山の上の郵便局にアルバイトが決まる。そこで出会う不思議な人々と不思議な体験という感じです。
幻想というタイトル通り、少し懐かしい感じの日常に「少し不思議」な出来事が起こる。
近いイメージでいうととなりのトトロですかね。
実際には無いかもしれないけど、もしかしたらあるかもしれない
という絶妙なバランス加減
個性的なキャラクター、章ごとのオムニバスの話が後半に進むにつれ伏線を回収し集約していく流れ(後半は一気読みでした)
読了後は温かい気持ち、ホッとした気分にさせてくれました。
それと同時にこの登場人物たちの続きが気になり、次の巻が早く読みたくて仕方ありませんでした。


この「幻想〜」はシリーズ化されており現在で郵便局・映画館・日記店・探偵社と4作でています。
作品ごとに物語は完結しており、どの作品から読んでも問題無く書かれています。
郵便局の登場人物たちも各巻にメインではなく少しお邪魔している程度の登場です。
私としてはこのお邪魔程度が各作品感を膨らませ、シリーズ全体の統一感を強めているように感じます。(郵便局の面々がメインの続きも読んでみたいですが)
1冊あたりも約300ページと、長くもなく短すぎもせずオススメの1冊です。




さて読書中の脳は右脳優位になり、快のスイッチが入った状態です。
このスイッチが入るとプラス思考やストレス軽減のメンタル的なものから自己免疫力の向上といった肉体的なメリットもあります。(詳しくは別の機会に)
本を読む習慣がない人もこの秋、読書に挑戦してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

日本人の心 2015.8.21


本日は友人の紹介で和太鼓の演奏会に行ってきました。

3階の真ん中だったので舞台が見通せました
友よありがとう!
やっぱり生で観ると迫力が違いますね、太鼓の重低音が響くと私の横隔膜も震えてました。
生だとその楽器から発せられる音の振動や演者の表情が、視覚・聴覚を通じてダイレクトに身体に受けるから、心が動かされ「感動」するんでしょうね。
最近はハイレゾ音源も話題ですが、どんなに科学が発達しても勝てないんじゃないかな、、?



さてこの和太鼓ですが、縄文時代には既に情報伝達の手段として利用されていたようですし、日本神話にも登場する場面があったりと正に日本人のソウルミュージックとも言えるのではないでしょうか。

最近では和太鼓教室も注目されてきていたので少し、効果を調べてみました。


まず、、、

<ダイエット>
どっしりと構える為足腰をはじめ、腕を高く上げ力強く叩く!まさに全身運動、1時間もすれば汗だく間違いなしです。


<ストレス発散、リラクゼーション>
「叩く」という動作は日常的にはあまり縁がないもの。ドンドン叩けば普段味わえない爽快感からストレス発散に繋がります。また和太鼓は大音量なのに不快感を感じるどころか、体の奥まで響く低音が心地よいとさえ感じます。


<脳の若返り>
関西学院大学では様々な機関との共同研究で和太鼓を叩くと酸素を運ぶ酸素化ヘモグロビンが脳内に増え、脳の活動機能が高まった研究結果を発表しています。
さらに個人で行うよりもみんなで演奏する方が効果が高いことがわかっています。


<精神力アップ>
リラクゼーションや脳の活性化を受けて精神状態がプラスの方へ向きます。それにより集中力アップやプラス思考、足腰の強化はやる気や一つのことをやりきる力の源となります。
これはグラウンディングとも呼ばれ、特に現代人は弱いとされています。
(グラウンディングについては別の機会にじっくり書きたいと思います)


<人との繋がり>
教室に通うと練習から発表会まで「みんなで同じ目標に向かって一緒に楽しむ」という経験ができます。
同じ趣味の年齢や職業を超えた仲間とのコミュニケーションはかけがえのないものとなり、さらに「人との繋がり方」が人生においての幸福度と密接に関わっていると言われています。




これだけでも相当イイんでないか?と思います。
私は「和の心」みたいなものがとても好きなので調べてテンション上がりました(笑)
いつか必ずやってみよう!!

環境や状況は人それぞれ、今すぐでなくとも何かに行き詰まったり、人生を前向きに捉えられない時の選択肢として覚えておいても良いのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログ開設⭐︎ 2015.8.20

晴れてブログ開設です

前々からブログがしたいと思案しつつ中々行動に移せなかった私、、、

実際どこのブログで始めようかいろんな比較サイトを見て考えてはいたのですけど、

いや〜〜迷いました。

ただブログを書く目的がアフェリエイトではないですし、自分の感じたことなどを書きたかったので迷いぬいた結果、こちらに行き着いたという感じです。

自分の趣味、嗜好が多くなるとは思いますが、読んでいただいた方々が少しでも前向きになれるような内容にしていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます
プロフィール

ヒガシユウキ

Author:ヒガシユウキ
ありがとうございます、ヒガシユウキと申します。
読んでいただいた皆さんが少しでも笑顔で前向きになるブログを目指しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR