FC2ブログ

6月の総括と謝辞 2016.6.30


↑仕事帰りにパシャり


末日ということで今月の総括を書きたいと思います。

というか気づけば2016年の半分が終わったんですね、なんだかめっちゃ早く感じました。
歳をとったから時が早く過ぎてるのかもしれませんが(笑)


まずこの6月は、先月の総括で書いた通り準備期間といった感じでアクティブに行動したというよりは家やカフェで黙々と作業の時間が多かったです。
その中でも隔月恒例のタロットを見てもらったり、オーダースーツが届いたり、新しい出会いがあったりもしました、だけど動いてないからかなぁけっこうイライラしたりフラストレーションが溜まったりしてた気がします💦

そんな時やっぱり楽しく喋って笑ってたら不思議と気分が晴れるもんです(=゚ω゚)ノ
おしゃべりは「気の交換」
水がどこにも流れず止まっていたら汚れて濁ってしまうように、気も流れが止まったらくすんで気分が落ちてしまう。


(昨日ご一緒したお姉さま方、許可を取ってないんで顔は隠させていただきました)





そんなこんなで明日から7月。
7月は下半期に突入なので僕自身けっこうガラッと変わるイメージを持っています(^o^)
これまでやってきたことを形にしていく月になっていくんではないかと思います。

まだまだ力不足は感じてるし、どれだけ準備しても不安はあるけれど、いつまでも「勉強中」の自分に甘えてもいられないんで。




最後になりましたがいつも読んでくださっている方、Facebookで「いいね」を押していただいている方、拍手を押していただいている方、本当にありがとうございます。
特にこのブログ自体にランキングを狙ってるとかは無いんですが、目で見て読んでいただいているのが判るのはすごく嬉しいんです!
この先もツラツラと書いていきますので、よろしくお願いします☆





「僕ら何度でも何度でも立ち向かうから どんな姿もガムシャラでいいじゃないか」
Green boys/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます
スポンサーサイト



器の大きさ 2016.6.29




僕は承認欲求が強い
ってことはつまり自分自身への承認がまだまだ低いんだろう



偉くなりたい、力を持ちたい(権力、財力など)、それで人に認められたい、チヤホヤされたい
そんなエゴの塊も自分の中にいる


だけど同時に、わかってる
それが満たされても僕は満足しない
そうして僕に近寄ってくる人は僕じゃなく、力やお金、名声に集まってくるだけで「僕」という人間に集まっているわけじゃない


だからこそ自らの器をもっと広げたい
だけれどこれこそ、ここまでやったら!っていう明確な答えが存在しない

ん~ジレンマ、、、(笑)




今日は焼肉「きのした」の社長、木下眞行氏とほんの少しお話させていただいたけれど、感じたのは腰の低さと相手を楽しませるという気持ち


腰の低さも卑屈なものでなく、相手に対しての敬意と感謝を込めたもの
僕のように20歳も違う年下にさえ同じように接してくれる
相手を楽しませるというのも長年飲食業界をされているからの「おもてなしの心」なのかなぁと感じたり

こうやって書くこと自体失礼かもしれないけど、器の大きさを感じたエピソードとして書きました






「英雄ってのはさ、英雄になろうとした瞬間に失格なのよ」
仮面ライダー龍騎 北岡秀一
最後まで読んでいただきありがとうございます

やりたい事をやる 2016.6.28





最近、夏が近づいてきたからかな?
無性にスキューバがしたくなってきた



遡ること約10年前
2月の寒空の下、チラシを配っていた可愛いお姉さんに連れられダイビングクラブに入ったのがきっかけでスキューバを始めた
(元々30%ほどはやりたかったんです、後の70%をお姉さんが後押ししてくれたんです)



当時の僕は色仕掛けや美人局なんてされたら一撃で落ちるカモだったろうな(笑)




きっかけはさておき、スキューバがやりたかった元々の目的は沖縄の海底遺跡が見たかったから

綺麗な珊瑚礁や色とりどりの魚とかには興味なくて遺跡や洞窟、白砂が広がる何もない海底みたいに神秘性に惹かれる


なので今回、やりたかった事とやりたい気運が高まってきたんで本格的に計画を始めました(`_´)ゞ





どこどこに行きたいな~とか
なになに食べてみたいな~とか
みんな思うことはあるけど、それを叶える人って意外と少なかったりするんだよね



仕事が忙しいとかお金がないとか子供がいるからとか「できない理由」を探して、毎日の仕事や家事に追われていつの間にか「まぁいいか」って



確かに「今すぐ」は無理かもしれない
実際僕の沖縄スキューバ計画も今年じゃなくて来年に焦点を合わせてる

だけれど、出来るように計画すれば何も難しくない
そうやって小さな行動をめんどくさがるといつまで経っても「行きたいな~」って言ってるまま


行く気になれば行けるし、1つのモチベーションにもなる
別に1年後、行く気が無くなってそれまで貯めてた費用や休日を別のことに使ってもいいと思ってる
大事なのはやりたいと思ったことに対してやれるように動き出すこと


これはきっとクセみたいたもんで、やりだすと感覚を覚えてまた次も出来る
やりたいことを諦める必要なんてないよね



「勇気だ愛だと騒ぎ立てずにその気になればいい」
YAH YAH YAH/CHAGE&ASKA
最後まで読んでいただきありがとうございます





ハイジャンプ 2016.6.27




無性に孤独を感じる時がある
自分の考えを理解してくれる人はいないんじゃないか
自分の想いに共感してくれる人はいないんじゃないか



そうやって一度落ちるとやる気が出る

高くジャンプする時にグッと力を溜めて脚を一回曲げるみたいな感じ

もしかすると、それがわかってるからどこかで孤独を楽しんでるのかもしれない



実際落ち着いて考えれば、僕の価値観や想いに共感してくれる人や応援してくれる人はいる


たとえ僕が少数派であったとしても、そんな考えをした男がここに居るってことは、少なくともそんな考えをした女はいるはずだと思ってるし、日本だけでみても1億2000万も居るんだからもっともっといるだろうし、なんならそんな人たちと街を作りたいくらいの勢い(笑)



そんなふうに考えてると人と出逢うことが楽しいし楽しみに思える


いろんな価値観、世界観を持った人と話して刺激を受けて少しずつでも仲間を増やしていく
なんだかRPGの主人公みたい

いや、「みたい」じゃなく僕らは主人公だ




「誰もがそれぞれの切符を買ってきたのだろう
今までの物語を鞄に詰めてきたのだろう
荷物の置き場所を必死で守ってきたのだろう
これからの物語を夢に見てきたのだろう」
銀河鉄道/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

やる→出来た→出来る 2016.6.26





単純なもんで一回できたことはまたできると思う



一回もしてないことはどんだけ出来ると思い込んでも、それはどこかで無理して出来ると思い込もうとしてるだけ




すっごい遠くの目標は出来る出来ないの前にまずモチベーションが動かない



小さすぎる目標も達成してもワクワクしないからモチベーションが動かない



だから短期、中期、長期の目標を立てる
キーワードはワクワクするかどうか
ワクワクしないことを達成しても嬉しくないでしょ


やり進めてたら計画のし直しなんて何度もあるけど、縮小じゃなくてし直す度に少しずつでも大きくしたいなぁって思う
達成しても次が待ってるから、1つの通過点にすぎないけど達成したらちゃんと喜んで褒める



そのスタート地点は結局のところ
「やってみる」
ほんとにたったこれだけ



僕はなかなかやってみない人間だから、何度も言い聞かせてる
だからこのテーマのブログ多いと思うんだ(笑)





「続きを進む恐怖の途中 続きがくれる勇気にも出会う」
HAPPY/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます




気づいた 2016.6.25





ここ最近、集中散漫状態でイライラすることも増えてた


なんでこんなに集中できないんだろうとあれこれ考えて、さっき「あっ!」って気づいた




部屋が散らかってる、、




つい、つい1ヶ月前のブログで自分で書いてて自分でハマるっていうね(笑)




この「気づく」ってけっこう大切で変化へのファーストステップなんだよね

例えばポジティブ思考になろうとかくよくよせずに前向きに受け取ろうとか、今の自分から何か変化したい時って意識してる時はできるんだけど、フッと気を抜いた時、無意識の時は元に戻ろうとする力が働いてネガティブに考えたり、不安に苛まれたりとこれまで通りになっちゃう


でもこれが普通だし、出来ないことに更に落ち込む必要は全くない


「あっ!今ネガティブに考えてた」とか「今悪い方にばっかりイメージしてた」とか気づいたってことは変化し始めてる、意識が変わり始めてる証拠


どっぷりハマってる時は気づくことさえ出来ないから(笑)



自転車の乗り方と同じで、乗ってコケて乗ってコケての繰り返し
やって戻ってやって戻って

技術も思考も一発でうまくいくことの方が少ないんだから、気づいたことにガッツポーズで良いじゃない



「やっと気づいた 本当の気持ち」
会いたかった/AKB48
最後まで読んでいただきありがとうございます

思い出 2016.6.24



先日、中高の卒業アルバムを見つけたのでパラパラとめくってみると驚くほど憶えてない(笑)


同級生の8割は忘却の彼方
顔と名前見てもピンとこなかったり

きっと僕がこうだからもし街中で見かけても、相手も自分のことを忘れてるだろうなと思ってしまう
ん~ノスタルジィー( ̄+ー ̄)



卒業アルバムの最後にクラスで作った、冊子が挟まってて中を見ると、それぞれコメント書いてたり色んなランキングつけてたり
自分は何かでランクインしてるのかと探してみると、、
「将来テレビに出そうな人」「オーラがある人」に票をいただいてたようで名前がありました


なんか少しでもそういう風に見られていたのかとちょっと嬉しかったり、そういう自分を目指そうとほんの少し勇気をもらったり、過去からちょっとだけ力をもらった日でした



「キボウはヒカリ ゼツボウは糧 想い出は盾、未来は自由 笑顔はあかし、涙はしるし 痛みはヒント、チャンスは無限」
負けない心/AAA
最後まで読んでいただきありがとうございます

飼い主ということ 2016.6.23



我が家には亀が2匹いる
たまの休みに水換えをするのが僕の日課ではあるんだけど、水槽を洗っている間は庭に放し飼い状態


「亀は万年」というけどおそらくウチに来て20年は経っている
なので体長も甲羅だけで20センチはある


そんな2匹が庭を好きなように這い回るんだけど、亀って鈍足じゃないよ
めっちゃパワフルで素早い
そりゃウサギと比べたら遅いけど、一般的なイメージしてるスピードの2~3倍はあると思ってほしい

ちょっと目を離すと茂みの奥に入っていっちゃうし、雨なんか降ると水かさが増して水槽をよじ登って脱走したりもする
ウチは一階が駐車場で階段上がった二階部分に庭と家が建てられてるんだけど、脱走最高記録は道路を挟んで向かいの家を2軒突っきった先の道路で保護された
なかなかのアドベンチャーガール(2匹ともメス)


耳も良くてパブロフの犬みたいに餌の音に反応して暴れまくる
きっとくれくれアピールをしてるんだろうけど、暴れすぎてあげた餌に気づかないことが多い(笑)


そんなちょっとおバカなカメ子たちを可愛がってはいるんだけど、色々問題が多くなってきた
体長がでかい分水槽も大きくしなくちゃいけないなってのもあるし、実は2020年に「特定外来生物」に指定されるらしく、指定されると輸入、飼育、販売、繁殖などが禁止される
届出を出せば許可がもらえるらしいんだけど、それで脱走されたら飼い主逮捕なんだよね(笑)


ミドリガメ問題はけっこう深刻だったからこうなるのは仕方ないのかもしれないけど、カメからすると人間のせいでいい迷惑、というか迷惑どころじゃないよね


人に対してはもちろんだけどペットに対しても命の大切さや重さを認識して、責任と覚悟を持たなきゃいけないね

今日は、ちょっと社会派




「誰も命を無駄にしないようにと 君は命に終わり作ったよ」
有心論/RADWIMPS
最後まで読んでいただきありがとうございます

運命とは?? 2016.6.22





運命とはなんだろう??


グーグル先生に聞いてみたら「運命の人」に関連するサイトばっかり(笑)

恋愛って大事だもんね




こういうのって絶対的な答えって無いから、どういう考え方をするかってことが重要かと思うんだけど、僕の中では大まかなベースはあると考えてる


そのベースも言い方悪く言うと、「ぼーっと生きた場合」であって、あぁしよう、こうしようってビジョンや意志を持って動き出したら書き換えられると思ってる


だから運命は変わるし、変えられるって方



いやいや、それさえも折り込み済みのベースで運命は決まっていて変わらないよって考え方もあるけど、それを言い出したらキリがないから最終的には好き嫌いだよね(笑)



「運命を切り開く」とか「運命を勝ち取る」とかの言葉がある通り自分から働きかけていかないと変化しないもの
小さな変化なら小さな行動でも変わるかもしれないけど、大きく変えていきたいならとにかく行動していかなきゃ変わらないよね



冒頭の「運命の人」も同じだなぁと思うんだけど
出逢う人は何かしらの縁があって出会ってると思うし、自分が行動したことで新しい縁が流れ込んだりするんだろうけど
運命の人だろうがなんだろうが、まずは出逢わないと始まらないじゃない


その「出逢い」を大切にして育んでいって運命の人は創られていくんじゃないのかなぁって思う

その出逢いを運命の人に昇華させるのは他でもない自分であり、相手

初めから用意されているのは運命の人の「種」みたいな感覚だとわかりやすいかもね


お互いに水を与えあうことで互いの運命の人に成長していく
そう考えれば誰しも運命の人の可能性ってあるんだよね
何度も枯らせてしまったりしながら、育て方を学んでいく




縁ある出逢いをもっと大切に思えば浮気とかも減って、目の前の人をもっと愛せるんじゃないのかなぁと思ったり、、





「世界で一番素敵な60億分の1の君と出逢えた奇跡を 俺は永久に守るから」
1/6000000000 / 九州男
最後まで読んでいただきありがとうございます

恋から学ぶ 2016.6.21




”自分が動かなきゃ何も変わらない”

このメッセージは何度かブログでも書いたと思うんだけど、こう思うきっかけになったそもそもの出来事がある



上京して2年目、21歳の時のこと
バイトの先輩に誘われて人生初の合コンに参加した
その時に彼女は居なかったし、初めての合コンでドキドキしていた
だけど先輩2人とも彼女が居なかったし、サポートで立ち回ってなんとかアドレスをゲットしようと考えていた




今はどうかわからないけど、当時関西弁はモテた


なので3対3で始まって、二次会はボーリングをして、帰る頃には(僕基準で)一番可愛い子と仲良くなり今度は2人で遊ぼうという約束までしていた



しかし、最重要の”会う日”は相手が大学生で試験が始まるということで、試験終わりに会おうとなった
この合コン当日から約1ヶ月弱後ではあったけど、日程が決まった事に僕は安心してしまった

これが大きな過ちだった、、



会う日が目前に近づいてきた頃、僕自身も演劇の発表公演がありそっちにかかりきりになっていた

発表公演も無事終わり、打ち上げに行く途中彼女からメールが来ていた



「前から気になっていた人と付き合う事になりました。もうメールや電話はしてこないでください。」



(;゜0゜)



( ゚д゚)



_| ̄|○



打ち上げの一画は僕の慰め会へと変わった




それ以来僕は、こと恋愛に関して攻めのスタンスを取るようになった

あの時、もっとメールを送っていれば
会う日程を上手く調整できれば、、
上手くいっていると安心しなければ、、

確かに「たられば」論なので、したところで変わらなかったかもしれない

だけどあの時僕の中で「待っているだけじゃ何も進まない」とスイッチが入ったのは確か



きっかけは恋愛ではあったけど、この考え方はベースとなって今の行動に活かされている


体験に勝る学びはないなぁと教えてくれる思い出の1つだ




「君を失くした後で 見つけ出すんだ 君との出会いがあった事」
super nova/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます
プロフィール

ヒガシユウキ

Author:ヒガシユウキ
ありがとうございます、ヒガシユウキと申します。
読んでいただいた皆さんが少しでも笑顔で前向きになるブログを目指しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR