FC2ブログ

2月の総括と謝辞 2017.2.28




今日で2月が終わりですね
たった2、3日なのに他の月と比べて、ずいぶん早く終わる感覚です


けれどこの”たった”2、3日が10年経てば1カ月
僕の年齢で考えれば約3カ月もの日数になります



3カ月あれば、やりたい事や学びたい事、相当できる気がします
一円を馬鹿にする人は一円に泣く、と言いますが、”時は金なり”時間も同じですよね

ほんの少しの時間と甘く見てたら、後々大きな差になっていると思います



一年で一番短い2月ですが、学びも多かった月になりました
つい昨日は先月に引き続き、ヒロカズマさんの人間関係マトリックスのワークを受けましたが、僕が父親の姿を完全に真似てることがわかりました

嬉しい反面、父親の嫌いなところも自分の中にあったりします
その他、怖れからとっている行動パターンなどなど、僕自身も癒さなければならない心の部分も見えてしまったり(笑)

漢方のように徐々に優しくケアしていきます



月末には風邪をひいていたのですが、定期的にかかるんです
まるで、デトックスしてくれてるみたいに
3月からは僕自身の体制も少し変わるので、そのためだったのかなぁなんて勝手に解釈してます



来月には僕もゾロ目の33歳を迎えるので、それに向けて良いスタートを切るために一段と気合い入れて動いていこうと思います

最後になりましたが、ブログを読んでいただいた方、フェイスブックでイイねを押してくださる方、いつもありがとうございます




「いつかやるつもりと頭の中で思ってても 永遠は短い」
何度目の青空か/乃木坂46
最後まで読んでいただきありがとうございます
スポンサーサイト



カッコイイこと 2017.2.27




カッコいいかどうか
これを判断基準にすることは良いと僕は思う


一口にかっこいいと言っても、見た目の格好良さもあれば、言動や態度が格好良いもありますよね



見た目に関して言えば、生まれ持った顔、ルックスがあります
これはどうすることも出来ないし、時代によって流行りは変わってしまいます
けれど服装や小物などは定番から流行りまで取り替えることが可能ですから、かっこよく見せることが出来ます


言動や態度に関しては人それぞれで、誰かのカッコいいは、誰かにとってかっこ悪いかもしれません
何かにチャレンジする姿かもしれませんし、黙々と仕事をこなす姿かもしれません
人に夢を与えることかもしれないし、笑顔で接客することかもしれません


ただどちらにも言えるのはかっこいいことをすると、セルフイメージが上がります
セルフイメージが上がると自分に対して否定的な言葉をはきにくくなりますし、ウキウキワクワクします
まるで美容院の帰りに用事もないのに街に出歩きたくなる感じですね



日本人は恥を嫌う文化ですから、もしもカッコイイを基準にした世界なら、もっとエネルギッシュにもっと笑顔が溢れる世界なんじゃないかと思います


なにより格好良さはその人の魅力を高めてくれるものです
またかっこ悪い中にこそ、学びや教訓が多く隠れていることも事実


きっとそれを経て学んだ人たちがカッコイイ大人なんだろうなぁ

今日も、カッコイイ大人になるためにかっこ悪いことをしていきます



「心配ないって 笑うけど ホントは内心ビクビクで
焦りを 蹴散らしてこーや 虚勢は男の生きる道」
ズッコケ男道/関ジャニ∞
最後まで読んでいただきありがとうございます

老いも若きも今この瞬間に 2017.2.26





昨日は約8ヶ月ぶりに小学校からの友人と飲みに出かけました



中学時代、僕に「絶対は絶対にないんだ」という名言を残した男です


なのにコンディションは最悪で、久しぶりに風邪をひきました
微熱もあったように思いますが、測ってないのでわかりません
けれど3時間ほど飲み語らい、風邪のピークは去ったようでした

楽しい酒こそ万病のクスリかもしれません(笑)



そんな彼は昨日もいくつもの名言を残していました
「結局無駄なものなんてないよ」
「コンプレックスなんて自分が思ってるほど相手は気にしてないもんやで」
「世間体なんて気にしない」
僕なんかよりよっぽどカウンセラーに向いてるんじゃないかと思います(笑)


昔ってこういう青臭いセリフはなんだか言うのが恥ずかしかったり、言ってるセリフに自分がしっくりこなかったりしたものです


こういうセリフを素直に言えるようになったのは、大人になった証拠なのかなぁなんて思います


僕たちより年上の人からすると、それでもまだまだ青臭いかもしれませんが、当人からすると自分史上一番歳をとっているのが「今」です

そして、この先の未来において一番若いのが常に「今」この瞬間です



同じ「今」なら、どちらの意味で「今」をとらえたいですか?



「自己嫌悪なんか意味ないよ 強く生きることが君の仕事なんだ」
無口なライオン/乃木坂46
最後まで読んでいただきありがとうございます

話すより聞く 2017.2.25




営業をする側、受ける側、どちらが多いでしょうか?

僕はこれまで営業の仕事をやったこともありましたが、やはり営業を”受ける”側の方が圧倒的に多いです


相手が営業のプロなら、こちらは営業を受けるプロ(笑)



こんな商品があります
こんなサービスが出ました


話を聞くと上手な方と下手な方がいますが、上手な方の特徴としては「なぜ僕に必要なのか」をイメージさせてくれます
下手な方は「どれだけ、この商品が素晴らしいのか」を力説します
その場合、良いものとは理解しても必要性を感じません

良いもの=必要な物、ではないですし
良いもの=欲しいもの、でもないんですよね



僕らの普段の会話でも、話し手と聞き手に分かれます
聞き手は話している内容を頭の中で補完しながら聞いています

こういう情景かな
こんな状況かな

そのイメージが近ければ近いほど話がわかる、言わば同じ映画を見ながら話してるようなものです


イメージしている物が違うと、食い違いが起こったり、頭の中に?マークが飛び交ったりします
そんな経験は誰しもあるんじゃないでしょうか

実際に同じものを見ていても、感じ方は人それぞれですから、ある意味全員が別の言語で話しているようなものかもしれません



例えば、同じものを大人に説明する時と子供に説明する時では、話し方や言葉選びが変わってくると思います

この場合、大人と子供ですが、大人だけで分けても、男女、年代によっても通じることが変わってきます
流行語なんて最たる例ですよね



コミュニケーションの上手な人って相手に伝わりやすい言葉やイメージしやすい言葉に、自分の言葉を翻訳して話していたりします

それって、もちろん経験だったり、ボキャブラリーが豊かだったり、言葉の引き出しが多かったりもするんですが、
なによりも上手なのは「聞くこと」



相手の言葉をちゃんと聞いているから、適した言葉に翻訳できるんです



話を聞いてもらっていると思うと、人は嬉しいし安心しますから心を開きやすくなります
心が開くと、よりコミュニケーションもしやすくなる、という効果もありますが


コミュニケーションが苦手だなって思う人は自分が話すことに意識が向いていないでしょうか
聞く側に回った時には「次なんて返そう」と考えてしまってないでしょうか


コミュニケーションの基本は話すより聞く

聞く姿勢こそ、コミュニケーションしやすい雰囲気を作ってくれる必殺技です


「悲しみも汗も悔しさも 全部今度笑いながら 話し聞くよ」
BEST FRIEND/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

出来ても◯ 出来なくても◯ 2017.2.24




今日は久々に自分に対してイラっとしちゃった日
朝、予定より準備に手間取り、更にいつもの場所に必要な物がなく、普段25分かけて歩く最寄り駅までの道を12分でダッシュすることに
自分の管理能力の無さに対して「ホンマないわぁ」とか心の中で言ってました



どれだけ心のことを学んで、自分を大切にしようとか、自分にバツをつけないように
と、わかってても人ってやってしまうんですよね

これは僕の先生も言っていましたが、どれだけ学んでどれだけわかっていても、人間である以上やってしまうそうです



やってしまうなら、心を学ぶ意味あるの?って思うかもしれません
昔の僕なら思っていましたね
基本的に出来れば◯、出来なければ✖️の極端な価値観でしたから
そこで重要になってくるのが、どれだけ早く気付けるかということ

学んでトレーニングすればするほど気づくのが早くなります
気づかなければ、垂れ流しの蛇口のように自分への非難の嵐はやむことがありません


今日の僕であれば、電車に乗って非難が始まり
「ハッ⁈まぁこんな日もあるよね、今日帰ったら部屋の整理しておこう」
と、気づくまでにおよそ3分ほどでした


自分を律することは大切ですが、それは非難することや戒めることとは違います


「出来なくても◯」
この考え方も自分をただ甘やかすこととも、怠けることとも違いますが、完璧を求めるあまり苦しい時は、出来ない自分を非難したり卑下するよりも、100歩譲って許してあげる
そのあとで出来なかったことを改善していけばいいと思います



「体は必死で支えている どこであろうとただついていく
強くなくたって笑いたい 涙を拭った勇気の手」
GO/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

笑うのが先か、喜びが先か 2017.2.23




落ち込んでいる演技をしてください
そう言われたらみなさんはどんな風にしますか?


顔はうつむき、背中は丸く、時にため息をついて
歩幅は小さく、歩く速さも遅い

こんな感じでしょうか
もし小説などの一文でこれを読んだら、
何か嫌なことがあったのかな?
と、文字からもイメージできるんじゃないでしょうか



では、逆にウキウキ、ワクワクしている演技をしてください
そう言われたら、どうなるでしょう


顔は前を向き、胸を張って、口元には笑みがこぼれ、軽快な靴音、今にもスキップしそうな軽やかさ


こちらも文字から楽しそうな様子が伝わってくると思います



僕らの日常はまさにこれの繰り返しです
感情に合わせて、身体は動きます


嬉しい時は自然と口角が上がったり
怒りを感じると肩が上がる
辛い時は体が重く感じたり
楽しみなことが待っていると早歩きになったり


感情に合わせて、体が動くならその逆もしかり
体を動かせばそれに対応した感情に傾いていくんです


そのことを表したことわざが
「笑う門には福来る」

良いことがあったから笑っているんじゃなくて
笑っているから幸運が訪れる



悲しい時や辛い時は思い切り泣けばいいんです
その上で笑顔あふれる未来を望むなら、日頃から笑顔を意識していきたいなぁと思います



「とにかく笑えれば それでも笑えれば
今日一日の終わりに ハハハと笑えれば」
笑えれば/ウルフルズ
最後まで読んでいただきありがとうございます


楽しそうに見える道 2017.2.22




好きなことややりたいことをしよう!と選択すると、不思議なことにやりたくないことや諦めたくなる出来事が起きます


それは過去に僕がやりたくなくて逃げたことや苦手だから避けてきたこと



でも考えれば当然ですね
今のままで出来るなら、とっくの昔に好きなことをしている人生を送っているはずです


出来ていないということは、まだ僕が越えなければならない課題があるということ


好きなことをしてる人生って楽しそうだなって思ってましたし、実際楽しいです
でも楽しい”こと”ばかりではないんですよね


それに対して文句ばかり言うのか、越えるためにどう工夫しようか考えるのか、その捉え方が大きな分かれ道じゃないかと思います




その課題だって自分自身が越える実力を身につけてもいいし、得意な誰かに越えた先に連れて行ってもらってもいい
自身を高めたり、仲間を集めたり、そうやって越えるまでのプロセスも楽しんでいるから”楽しそう”と誰かの目に映るんでしょうね



どんな舗装された道でも文句を言う人は言うし
どんなデコボコ道でも楽しめる人は楽しむ
結局は全て自分次第




「ひとつひとつ迷っていた 曲がりくねり 何度も躓き傷ついた 夢に近づきたくて」
虹/AAA
最後まで読んでいただきありがとうございます

希望という光 2017.2.21





今日は確定申告の提出のため、去年のスケジュール帳やレシートなど見返していました


あんなこと、こんなこと、いろんなことがあったなぁと思いますが、まだ一年しか経ってないんだなぁと感じます


去年の2月は、まだ少し失恋の傷を残しながらも断捨離をしつつ、前を向いてやる気に火が灯った時期でした

2016年を1日に例えるなら、2月は本当に明け方
うっすらと空が白んできたなぁという時間帯


よく”明けない夜はない”と聞きますが、それを実感した2016年でした

真っ暗闇の中だと人は生きる気力を失ってしまいます
ほんの僅かでも希望という光がないと周りも自分の手さえも見えないから


けれど真っ暗闇だと俯いていると、夜空に瞬く星に気づくことができません
本当は真っ暗闇でなかったとしても、気づかなければ同じです

空を見上げ、そこに光があると気づくだけで不思議と心が落ち着いたり、安心を感じます
去年の1.2月は僕もよく空を眺めました

今日の月は少し大きいなぁとか
星ってよく見ると本当にチカチカ瞬くんだなぁとか
そんなことをよく思っていました



1日の終わりに空を見上げる
たったそれだけでも随分心持ちは変わるんじゃないでしょうか



「見上げてごらん 夜の星を 小さな星の小さな光が ささやかな幸せをうたってる」
見上げてごらん夜の星を/坂本九
最後まで読んでいただきありがとうございます

決心の刻 2017.2.20




時に僕たちは「続けるか」「辞めるか」
決心を迫られる時があります


それは会社だったり、学校だったり、仕事だったり、夢だったり
恋人や夫婦など誰かとの関係だったり


何が正解かは選択した未来の自分にしかわからないでしょう
ただ1つ言えるのはどっちつかずの状態が一番しんどくて一番辛いということ


決心すること、腹をくくること
何かを決める事は”勇気”と”責任”が要ります
勇気が持てない、責任が重い、それらをするくらいなら耐えればいい、と辛い現状をずるずる先延ばしにしてしまう弱さを持っているのも僕たちです


しかし、一度向き合って決心すれば、理屈が通っていなくても、誰に説得されても、自分の気持ちを貫く強さを持っているのも僕たちです


そして、不思議なもので理屈で考えている時はなかなか決心が決まりません
自分の心に正直になった時に「こうしたい」という決心が決まり、理屈は後からついてきます


なにかに迷う時、悩む時
頭ではなく心に聞いてみてください



「サヨナラに強くなれ この出会いに意味がある」
サヨナラの意味/乃木坂46
最後まで読んでいただきありがとうございます

知る楽しみ、覚える楽しみ、出来る楽しみ 2017.2.19




僕の好きなゲームに「ドラゴンクエスト」があります
小学一年生の時、初めてプレイした「ドラゴンクエストIII」
自分の名前がついた勇者が剣を持ち、魔法を放ち、仲間と一緒に冒険をし、世界を救う
まるで自分が勇者になったようで夢中になりました

セーブデータが消えた時の音楽と衝撃は未だにトラウマとなっている大人たちも多いのではないでしょうか
もしかすると”絶望”という感情を初めて知ったのはドラクエだったのかも知れません(笑)




インターネットなんてないこの当時
ゲームを進める為に買ってもらった攻略本にも僕は夢中になりました


そこにはゲームの進め方はもちろん、文字でしか知らなかった武器や道具、魔法が綺麗なイラスト付きで載っていました

こんな形してたんだ
こんな魔法だったんだ
今持ってる武器カッコ悪い
この鎧欲しい
ページをめくるたびにワクワクして、何度も何度も読み返し最終的にはページが背表紙から取れてバラバラになるほどでした


ゲーム画面ではひらがなで表示される名前も攻略本では漢字が使われていましたので、いつの間にか読めるようになっていました

そして、今度は書けるようになりたくて必死に覚えました
当日小学一年生から二年生で、
剣、盾、槍、魔法、魔神、鎖帷子、炎、刃、破邪
こんな漢字ばかり覚えました
”魔”の字のバランスに苦戦した記憶があります


書けるようになると、いつも母親に報告しました
きっと「スゴイね」と言ってもらえる事が嬉しかったんでしょうね



今はスマホに打ち込めば漢字は出てきます
電話番号も登録していれば表示されます
何かを知りたい時はすぐに知る事ができます


昔に比べて”知る楽しみ”は格段に増えたかも知れません
しかし、”覚える楽しみ”は格段に減ったように思います
知って、覚えて、出来るようになる

覚えるから”出来る楽しみ”が生まれます
知っただけで出来る気に、わかった気になっていないでしょうか


覚える楽しみ、すなわち体験することを忘れずにいたいものですね


「知らない数だけ 僕はこれから知れるし
知ったらその数だけ 希望が生まれる」
タンポポ/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます
プロフィール

ヒガシユウキ

Author:ヒガシユウキ
ありがとうございます、ヒガシユウキと申します。
読んでいただいた皆さんが少しでも笑顔で前向きになるブログを目指しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR