FC2ブログ

7月の総括と謝辞 2017.7.31




この7月は近年稀にみるメンタルの凹み具合でした(笑)
というのも先月末から月初にかけて仕事のスランプ、さらに親友との関係性で問題が勃発し、久しぶりに落ち込みました


ただこの時期にこの2つの問題が起きたことは自分にとって何かの意味があったのだと思います


結果的に”何がしたいのか”という見直しに繋がりましたし、人間関係も自分の器が試されていたような気がします



迷ったり凹んだりしてる中で答えや覚悟がポンっと決まると、不思議なほど日々がうまく回り始めていきます
というかこれまでの流れに戻ったような感覚ですね


戻り始めた頃に、文化祭や東京でのセミナーがあり、楽カフェなど仕事を通じて、新たに多くの方との出会いもありました


改めて好きな人たちや好きなことに囲まれているじゃないかと感じます


こういったご縁に支えられていることを忘れず、一歩ずつ進んでいきます




最後になりましたがブログを読んでくださっている方、フェイスブックやブログ内でイイねや拍手を押してくださる方々、ホントにありがとうございます😊

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月の”ことだま鑑定半額キャンペーン”は
22日の13時より予定しております✨
ただいま予約受付中!
複数人でのお申し込みも可能です
お申し込みはこちらから↓
ことだま鑑定お申し込みページ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「僕は君を信じたから もう裏切られることはない だってもし裏切られても それがわからないから」
飴玉の唄/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

スポンサーサイト



優しさの形 2017.7.30




言葉をかけてくれたり、手伝ってくれたり
目に見える形での優しさには気付いて感謝できるけど


1人にしておいてくれたり、何も聞かないでいてくれたり
これだってその人の優しさの形だけど、なかなか気付きにくい


だってそれが優しさかどうかわからないから
結局のところ、”優しさ”って受け取った人のもの


優しくなりたいと願うよりも
人の優しさに気づける人になりたいと思う




「ねぇ 優しさって知ってるんだ 渡せないのに貰えたんだ」
ひとりごと/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

夏祭り 2017.7.29





今日は地元の町内の夏祭り



お祭りって当日も楽しいけれど、なんだかんだ準備してる時が1番楽しかったりするんだよね

それはイベントや旅行とかも似た感じ



人は楽しい予定が先にあると日々のモチベーションが上がったり、ワクワクしやすくなるそうで
向こう2ヶ月が良いそうです


つまりは2ヶ月ごとになにか自分が楽しめることやワクワクできること
自分へのご褒美などを設定すると高いモチベーションを維持しやすいということ


確かに、常に未来に楽しいことが1つでもある人生って考えただけでニヤニヤしてしまう


2ヶ月先の9月10月は2週ごとに楽しいイベントが控えててスケジュール帳見るたびにニヤニヤしてます


バカみたいなことだけど、こういうバカをしてるかどうかがけっこう大事だったりすると思うんです


「君がいた夏は 遠い夢の中
空に消えてった 打ち上げ花火」
夏祭り/Whiteberry
最後まで読んでいただきありがとうございます

気づく 2017.728




最近、小さなシンクロがよく起こります


ふと、食べたいと思ったモノを母親が買ってきてたり
差し入れで誰かからいただいたり
最近連絡してないなぁって思った人から連絡が来たり


もしかすると起こり始めたのではなくて、気付き始めたのかも知れません



この”気づく”ということは、どの分野においてもとても大切です
自分の状態に気づくからこそ、感情に振り回されても止められます

この場合振り回されないことより振り回されても気づくことの方が大事なんです


気づくということは自分の状態を知るということ
特に心は目に見えないから気づきにくくもあるんです


もしこれが身体で怪我してたり、骨が折れてたりしたら病院に行きます
それは怪我や骨折、痛みに気づいているからです


じゃあ心は??


もしかしたら傷ついているかもしれない、疲れ切ってるかもしれない
必要ない思い込みで不安でいっぱいかもしれない
昨日あった嫌なことで怒り心頭かもしれない


それらに対処する第一歩目が”気づく”


自分の心を観察する意識を少し持つといいかもしれませんね


「世界のための自分じゃない 誰かのための自分じゃない」
才悩人応援歌/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

正論問題 2017.7.27




今日のお昼、食堂についているテレビを見ていると、船越さんと松居さんの芸能ニュースをやっていて、その中で「街の人の声」として、いろんなおじちゃんおばちゃんがどう思うかインタビューに答えていました



その中の1人のおばちゃんが言った一言に僕は深く共感しました

それは
「まぁ強く追い込みすぎてるわ、正論やけど、それでも逃げ道作ってあげるのが人の情けよ」



僕は2人が何をどう揉めてるのかは知りません

ただこの正論、不思議なもんで正しいことを言ってるのに、言えば言うほど、振りかざせば振りかざすほど相手の感情から遠ざかり、気持ちに寄り添えなくなっていくんですよね



僕の過去の恋愛においても正論問題で別れに発展したことがあります



正論を言う側(この時は僕)は正しいことをしていると思ってます
なぜなら間違っているのは相手だから、それを正してあげている、言わば正義の味方気取りです


だけど相手は悪い怪人でも怪獣でもないんです
人である以上勧善懲悪なんてないんです
なんなら好きな人なわけです

けれど好きな人だからこそ、間違いを正してあげたいとか、それが度を越え支配欲や独占欲に繋がるのかもしれません


その結果「あなたの言ってることは正しいけど、しんどい」と言われ終わりを告げました


その後、本田健さんの人間関係マトリックスを受講した際、相手がどう思っていたのか初めて僕は知ることになります

それが「悲しみ」

僕が自分の気持ちを理解してくれない、理解しようとしてくれないという”悲しみ”を彼女は味わっていたんです



正論を振りかざしてしまう時は、相手とより良い関係を築いていきたいという思いよりも、相手を言い負かしたいという気持ちが勝っている時ではないでしょうか


正論自体は正しいことです
けれどそれさえも扱いを間違えれば、人を傷つける凶器に変わります


言葉も心も目に見えないからこそ、傷つけた側も傷つけられた側も気付きにくい
だからこそ相手の気持ちに寄り添うという”姿勢”が大切なんだと感じます



「自分でも何も気づかないまま 誰かを傷つけて
泣かせることもあるだろう」
心の薬/乃木坂46
最後まで読んでいただきありがとうございます


ファーストステップ 2017.7.26




このブログ、来月で開設2周年になります
と言っても毎日書きだしたのは秋頃ではありますが


最初の頃はどうせ書くなら、良いこと書きたいって思ってました

けれど、良いこと言おうとして書いた記事ってなんとも気持ち悪い(笑)
「僕、良いこと言ってますよー!」感が文字から滲み出してるんですよ


それに毎日書いてたらネタなんて一瞬で無くなるんですね
結果何書いていいかわからなくなって、更新頻度が弱くなる
しかも当時はなんでもないような記事に1時間以上かかってました

書き始めの頃はなかなかの苦行だったんです


そんな2年前の秋のある日、男3人で夢を語る会を開催しました
そこで出たのが、「とりあえず毎日ブログを更新してみたら?」という案だったんです

実際したところでどうなるかわからないし、誰も読むことのない記事が延々と続いていくだけかもしれない
当時は読んでる人なんて0でしたから


でも逆に0人なら何書いても別にいいし、失墜するような肩書きもないしなぁってことで
いいこと言おう言おうとして見栄と肩肘張ってたのを全部外して、書きたい事、感じた事、考えた事、ただの日記、「眠い」の一言、なんでもオッケーにしました
目的が「ブログを更新すること」に変わって習慣としてのハードルをグッと下げたんです


その結果が今です
ネタ探しの思考グセは完全についてますし、書く時間も30分ほどで書いています

でも約2年間書き続けて思うのは、文才は無いな(笑)って思ってます
その日のネタが浮かんだ時、ブワッと言葉が音として頭に湧き上がってくるんですけど、頭の中ではまるで誰かに話してるように浮かんできます

それを文章にまとめるのが追いつかない(笑)
文章にすると言いたいことの半分くらいしか書けてないような気がします


けれどそれでもオッケーです
ゆくゆくはレベルアップが必要な時が来るでしょうが、今鍛えるべきはもっと他にあると思ってますし



何かを習慣として身につけたいと思った時って、やる気に満ちてたり、高い理想を掲げるんですけど、習慣にするってことは
テンション落ちてる時も、体調悪い時でも出来るハードル設定じゃないと続かないんですよね

たった1°の傾斜でもずっと先では大きな差になってるもんだと思います



「大人になったら 鼻で笑い飛ばす 夢と希望
ところが 僕らは 気付かずに 繰り返してる
大人になっても 虹を作っては 手を伸ばす」
ハルジオン/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

信じる勇気と傷つく覚悟 2017.7.25





未来とかお金とかいろんな不安がのしかかって、自分の人生が信じられない時って
やっぱりどこか心が荒んでたりします

そんな時に誰かのアドバイスや助言、ためになる話や教訓を聞いても「言ってることはわかるけど、そんなの綺麗事でしょ」
ってなりません?
というか、僕はなってました


そんなご高説はいいから、現状を良くする具体的な事を教えてくれよ!と


これは僕の性格もあるかもしれませんが、
僕は他者を全く信じていませんでした
信じられるのは自分しかいない!

でも自分でさえも信じられてないから、不安に押しつぶされそうになったり、人生を信じられないわけで
結局何1つ僕は信用してなかったわけです



信用しない理由は簡単で”傷つきたくない”から
信じて裏切られて傷つくくらいなら、始めから信じなければ裏切られることも傷つくこともないんです

それは他者に対しても、世界に対しても、人生に対しても、自分に対しても



でもこの生き方って改めて当時を振り返るとめっちゃしんどいです(笑)

だって信用が置けないってことは、それら全てが”敵”なわけです
自分自身でさえ味方じゃないわけですから、心が休まらない



もしあなたなら、他者、世界、人生、自分
この中で今よりほんの少しだけでも信じてみてもいいと思えるものを、あえて選ぶとしたらどれでしょう


この時僕は他者を選びました

信じていないと言っても友人がいて、恋人がいて、家族がいて
本当は信じたい、でも怖い
そんなジレンマ


でもそうやって少しずつでも誰かを信じてみると、不思議なことに色んなものが少しずつ信じられるようになっていくんです

綺麗事だと思っていた事が、真実じゃないかと思えるように変わっていくんです


もちろんそれ以降、傷つくことが無くなったわけではありません
けれど、悲観的に捉えることは少なくなっていきました



何かを信じるって勇気のいる事だし、ある意味傷つく覚悟が必要かもしれません
けれど、それでも補って余りあるほどの何かを手にする事ができるものでもあると思います




「信頼を置けたり誰より腹立てたり 独りじゃ過ごし得ない時間を
僕らは今きっと歩めているから」
現実という名の怪物と戦う者たち/高橋優
最後まで読んでいただきありがとうございます

受け入れるからこそ 2017.7.24




目の前に起こるコトは自分にとって都合のいいことの方が多い?
それとも、都合の悪いことの方が多い?


今の自分からすれば都合が悪くても、未来の自分が振り返れば「あれで良かった」と思えるかもしれない

結局都合の良し悪しはその時の自分の気持ちや解釈次第ってことですよね



僕らは不思議なもんで都合のいいことが起これば
「なんかわからんけどラッキー!」と原因を探さないのに
都合が悪いことについては「なんでこうなった?」「おかしいじゃないか!」と原因探しに時間を費やしてしまう

確かに原因がわかれば次に同じような事が起こった時に対処できるかもしれない

けれど中にはいくら考えても答えが出ない時が数多くあります

そりゃそうですよね
この世界は全部1+1=2みたいに綺麗に答えが出るものばかりじゃない
特に人間関係なんて、いろんな感情が複雑に絡まり合って、わけわからないくらいの人数が係わり合ってる


どんなに原因探し、答え探しに時間を費やしても答えは無くて、その答えはずっと先に時間が運んできてくれることだってある


じゃあ今必要なのは「で、どうするの?」ってことじゃないかな


目の前に起きたことは起きた以上、”受け入れる”しか選択肢がなくないですか
もちろん出来事によっては受け入れるまですごく時間のかかることもあると思います


けれど、どんなに答えがわからなくても受け入れて「で、どうする?」って前に進んで行かなくちゃ自分の時間がずっと止まったままになってしまう



都合の悪いことって受け入れたくない
けど、受け入れるからこそ僕らは少しずつでも強く優しくなれるんだろうなって思います




「迷いながら 間違いながら 歩いてくその姿が正しいんだ 君が立つ地面はほら360度全て道なんだ」
Stage of the ground/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

過去から今、そして未来 2017.7.23





先日、初めてクラウドファウンディングでパトロンになりました


リターンはあるイベントのスタッフとして、一からイベント作りに参加できる権利
このイベントはまだ先なので、これはこれで楽しく作っていければと思っています


このクラウドファウンディングというシステム
ちゃんと知ったのはここ数か月なんですが、僕がやりたかったことの1つに”誰かの夢を応援したり、支援したりすること”って何年も前の夢リストに書いてるんです


当時は、僕が演劇出身なのとバーに憧れがあったので特に役者やバーテンダーの卵をバックアップしたいと思っていました

今は特にこの業界というものは意識していませんが、僕の戦友でもある演出家の八角数計が手がける「八角家」にはパトロンとして、いずれは支えていこうと思っています


そしてもう1つ
過去の夢リストには「プロとプロのコラボやプロジェクトとして自らが参加する」というのがありました
これは2015.11.22クロスオーバー
というブログにもチラッと書いてたりします

気づけば楽読文化祭はまさにプロ同士のクロスオーバー企画でいつの間にか夢のひとつを叶えていたことになります



過去に描いた未来が”今”現実となっている
ということは”今”描く未来が現実となる
その日がいつかは自分次第かも知れないけれど
”今”描かなければ、それは一生来ない

本田健さんの「夢を生きよう」という言葉が頭によぎる


さぁ、未来を描きましょうか^_^


「目の前にはいつもヒントがあり まぎれもない過去の答えがある
諦めるなら一人でいいけど 夢を見るなら君と一緒がいい」
今、話したい誰かがいる/乃木坂46
最後まで読んでいただきありがとうございます

楽cafe&点描曼荼羅 2017.7.22



今日は一日梅田^_^


午前中は「楽cafeことだまコラボ編」ということで、参加者がトークテーマに沿ってお話しするというイベントにコラボということで参加させていただきました





以前の文化祭の中心メンバーや初めましての方も含めて和気あいあいとした雰囲気で楽しくやらせていただきました


初めましての方からは
・凄く納得することが多かったです
・今まであんまり好きじゃなかった名前が少し好きになりました
とご感想もいただきました
ご参加ありがとうございました😊



午後からは楽読のレッスンを受け、初めての点描曼荼羅に挑戦



みなさん素敵な作品に仕上がってます
(僕のは右上の作品です)

初めてやってみたんですが、感覚として「これ好きだわー」って思いました(笑)

実は中学時代、美術部だったんですが、
幾何学模様とか細かい作業とか凄く好きなんです


あっという間に時間が過ぎていたので、脳はかなりの催眠状態に入ってたと思います



楽しい時間はあっという間で、最後には先日の文化祭のフィードバックと次回に向けての話し合いが少しだけ行われ、より良い形で次回の文化祭は開催できると思います
というか、このメンバーなら出来ますね^_^
お楽しみに✨





最後まで読んでいただきありがとうございます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただいまことだま鑑定は半額キャンペーン中、7月の鑑定日は26日の13時~19時まで
ご予約お待ちしています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プロフィール

ヒガシユウキ

Author:ヒガシユウキ
ありがとうございます、ヒガシユウキと申します。
読んでいただいた皆さんが少しでも笑顔で前向きになるブログを目指しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR