FC2ブログ

10月の総括と謝辞 2017.10.31





↑ふと、外に出るとちょうど夕方から夜に移り変わる時で空のグラデーションがとてもキレイでした

このグラデーションは自然だから作れるのかなぁなんて感じます



10月も終わり今年も残り2ヶ月となりました
今月も振り返ると毎週のようになんかしてたんですが、感覚として「あれは今月のことだったのか」なんて思います


西野亮廣さんのファン交流会や楽カフェマルシェでは新しい出会いもあったし、自分主催のブックセミナーに来ていただいたことでまた新しく誰かと繋がってくれたり


やはり今月も"出会い"はとても感じます
先月のいつだったかも出会いは奇跡的な確率なんだという内容を書きましたが、僕は出会いを感じる時、同時に"別れ"をすごく考えるんです


出会いと別れって、相手との関係の始まりと終わりで対になってるんですよ

生と死なんかも対になってますよね

対になってるものって大概どちらかがポジティブとネガティブとか、正と負とか真逆の関係なんですけど、どちらもちゃんと感じることってすごく大事で

"別れ"と向き合うと"出会えた"ことがすごく奇跡に感じるし、死をより身近に感じると今、生きてることが奇跡なんだって感謝できたりするんですね



よく、明日世界が無くなるとしたら何したい?とか最後に何食べたい?とかってあるじゃないですか
これと似たような感じですね

関係にしても命にしても終わることって、嫌なことや考えたくないことかもしれないけど
でも、そうじゃないんだよ
終わりを考えるから今が輝くんだよ
って思います





最後になりましたが、いつも読んでいただいている方々
Facebookやブログのイイねや拍手を押してくださる方々
本当にありがとうございます
そんなこんなで今年も残り走っていきます



「君がくれた 溢れるほどの幸せと真っ直ぐな愛を
与えられてるこの時間の中でどれだけ返せるだろう」
home/木山裕策
最後まで読んでいただきありがとうございます



スポンサーサイト



長い友 2017.10.30




運命は自分で切り開くものなのか
それとも運命は決まっているものなのか



もしも最後には離れることがわかっているなら、どう付き合う?どう向き合う?

離れたところで僕が死ぬわけじゃない
だから最後の刻まで何も気にせず付き合ってもいい



でも、もし運命に抗うことができたなら
もし今付き合い方を変えることで、1日でも長く一緒にいられるなら、僕は抗う

抗った未来と抗わなかった未来と比べることは出来ないから、それはもしかすると無駄な努力かもしれない

けれど抗って抗って、それでも離れる時が来たときは僕は満足だし、失った自分を受け入れられるだろう
抗わなかったら、きっと"もしも"を夢見てしまう



だから無駄な努力と言われても、そんなことして意味があるのかと言われても、僕は抗い続ける
たった1日でも長くいられるために



そんなことを思った、僕と髪の毛の話



「さよならだよ 仲良くやれよ 僕の事は 気にするな
初めて君の 笑う顔が見れた」
かさぶたぶたぶ/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

イライラの世界 2017.10.29





昨日は久し振りに朝からイライラした日
思うように仕事が進まなかったり、自分の段取りの悪さにムカついたり


そうやってイライラしてると、今度は周りにイライラしてくるんですね
「なんで自分だけ頑張ってるんだろう」とか
「これだけやってるんだから少しは気を使ってよ」って

普段なら気にも留めない相手の一言がカチンっときたり



不思議ですよね、周りの人も環境も何一つ変わっていません
変わったのは自分の心模様だけです

それだけで自分の周りにはイライラするものばかりの世界へと変わるんです



こういう経験は誰しも一度はあると思います

よく自己啓発で「自分が変われば世界は変わる」って聞きませんか?
言葉だけ聞くと、「そんな都合のいいことあるわけないよ」と思うかもしれません


けれど僕たちは小さい頃から何度も経験してきているわけです
自分がイライラしていればイライラばかりの世界になりました
と言うことは自分がワクワクしていればどうでしょうか?



試すも試さないのもあなた次第です^_^



「誰かのために生きること 誰かの愛を受け入れること
そうやって いまを ちょっとずつ 重ねて
喜びも 悲しみも 分かち合えるように」
ありがとう/いきものがかり
最後まで読んでいただきありがとうございます


ぬりえ 2017.10.28




過去を振り返れば、それらが繋がって今に至ります


これまでの過去をどう捉えるのかは自分次第とよく言いますが、それはまるで塗り絵のようです


過去は変えられません
塗り絵にもベースの絵があるようにそれを変えることは出来ないけれど、その絵は何色にだって塗ることが出来ます


なんなら絵を書き足すことだって出来ます

クレヨンも色鉛筆も絵の具も、全部自分が持っているから

カラフルに彩ったものもあるかもしれません

黒く塗りつぶしてしまったものもあるかもしれません
だけどぼくらの塗り絵はいつでも塗り替えしたいと思えば塗り替えられます


そうやって出来上がってきた1ページ1ページが作品となって、時に誰かを感動させたり、多くの人に共感をもらったりするのかもしれません


ぜひ1ページ1ページを大切に彩ってください



「重ねた臆病解く程 戸惑った指はない
そうだオリジナルなカラーで」
ORIGINAL COLOR/堂本剛
最後まで読んでいただきありがとうございます

つながり 2017.10.27





昨日のことですが、夕方にドラックストア時代の元上司とお茶をしました


きっかけはFacebookで僕を見かけてメッセージをくれたからなんですが、そう考えるとSNSって凄いですよね


僕は小学校で震災も転校も経験したので、当時から知ってる友人は居ないし、連絡先もわかりません
今ならSNSで繋がれるから便利だなぁなんて思います
もちろん、それに伴って生じるしがらみやデメリット、危険なんかもあるわけですが


子供達は常に時代の最先端に触れていきますから、親世代が「わからない」とさじを投げては、危険の代償を支払うのはその子供達かもしれません
情報や技術の進歩が早い分、僕らも変化対応していかないといけないと言うことですね




話が逸れましたが、元上司と話していて落ち着いた先は「横のつながりが大事」ということでした



僕は個人で動くようになってから人脈や出会いというものをとても意識するようになりましたが、勤め人の頃は良くも悪くも身内で固まっていましたね


元上司は会社で働いていますが組織に属していても、仕事の幅を拡げていくのは”横のつながり”のようです
だからこそ何年も会ってなかった僕に連絡をくれたわけですが、そのバイタリティを見習っていきたいと思います



「涙の理由を 知ってるか 俺にはわからないが
濡れた頬の温かさは おそらくお前がくれたんだ」
ダンデライオン/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

試行錯誤を繰り返し 2017.10.26




最近よく考えることは自分の提供するサービスのクオリティを上げていくことはもちろんなんだけど、それ以上にそのサービスをクライアントにどうやって届けていくのか?ということ


質の良いものを提供するのは当たり前で、ぶっちゃけた話個人セッションやセミナー、ことだま鑑定を受けなくても人は生きていける
それでも人はもっと良くなりたい、もっとこうしたいっていう向上心があって、それがある限り僕らのやってることは必要だし、価値がある

あとはどうすればその事を日々の生活の動線上に置いてその人自身に気づいてもらえるか


そんな事を考えてたら学べるものってすごく多くなってくる
販売戦略やマーケティング、物の流通、購買心理学や行動心理学etc....


実際先日参加したイベントも改善案は山ほど思いつく
それは個人として改善していくものもそうだし、イベントとして改善していった方が良いんじゃないかと感じるものだったり
改善案を試して上手くいくかわからないけれど、多分この一年はそういうやり方を色々試して”勝ち”のパターンを探していく1年になるかなぁなんて思ってます


さて、どこから手を付けようか、、、(笑)



「次々襲いくる普通の日々 飲み込まれないでどうにか繋いでいけるように」
トーチ/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

60日の取り組み方 2017.10.25




昨日夕食の洗い物をしていると、隣でお弁当を作っていた母が「ちょっと前にじいちゃんとみんなで泊まりに行ったの覚えてる?」と聞いてきました


うちは毎年じいちゃんの誕生日の1月に家族で食事なり旅行なりに行きます


ちょっと前?と思いながら、覚えてるよと答えると

「もう10カ月やで!早いわぁ、もう次の考えなあかんわぁ」とはしゃいでいました




そんな言葉を聞きながら、その時のことを思い出していました


同時にその時の状況や、年始に思っていた今年一年どうしていくか?ということもふと思い出し、1月の自分が今の自分を見たらなんて言うのかなぁ?なんて思いました


がんばったんじゃない?って言われるかなぁ
でもまだやれることあるんじゃない?って言われそうだなぁ
なんて思いながら


今年の残り2カ月に向けて取り組んでいこう
2ヶ月って長いようで短いし、短いようで長い
きっとそれはその60日をどう取り組んだかで違ってくるんじゃないでしょうか


「くれぐれも気を付けて 出来れば笑っていて
騙されても疑っても 選んだ事だけは信じて
笑われても迷っても 魂の望む方へ」
グッドラック/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

こだわり 2017.10.24




僕は多分こだわりが強い方だと思うんです
まぁ名前のことだま的に見てもそうなんですけど、自覚もしてます


こだわり持ってる自分のことが好きな反面、そのこだわりのせいで悩むこともあるし、苦しくて辛い時もあります



じゃあそのこだわり捨てればいーじゃんって思います
そう、自分でも思うんですよ
このこだわりが無かったらもっと気楽に生きれるだろうなぁとか
今抱えてる悩みなんて全部解決するのになぁって



何で捨てないんだろう
自分でもわかりません

でも捨てられないから”こだわり”なんでしょうね
捨てられないから自分にとって何か大切なことなんでしょうね



こだわり抜いた先に、その何かがわかるのか
それともこだわり抜くその姿勢こそが答えなのか
それさえわかりません



こだわってる僕が言います
「こんなことにこだわってるなんて、バカみたいだろう?」

客観的に見てる僕が答えます
「うん、バカみたい。でもそれがお前なんでしょ?仕方ないから最後まで付き合ってやるよ」



そんなこんなできっとこれからもめんどくさい僕と僕は付き合っていくでしょう


よく世話のかかる子供ほど可愛いって言いますよね
自分を認めるって、きっとこんな感覚なんじゃないかな
「しゃーねぇなぁー(笑)」って



「終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる」
HAPPY/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます


一手間の気持ち 2017.10.23




普段あまりテレビを見る習慣がないので必然的にCMを見ることも少なくなっていくのですが、その中でも好きなCMがあります



それは劇団ひとりさんと竹内結子さんが出てるサッポロ一番のCM
あの家族像ってかなり僕の理想に近いんですよね
さらにキャッチフレーズが「その一手間がアイラブユー」


一手間って別になくても、そのもの自体は完成してるんですよ
じゃあその一手間って何なのか?って言えば「気持ち」ですよね


プレゼントにしたって、貰って嬉しいのはもちろんあるでしょうけど、自分のことを考えて選んでくれたことや時間を見つけて買いに行ってくれたことが伝わるからなお嬉しいんですよね

今のご時世、楽天やアマゾンで「プレゼント 売れ筋」とかでトップの商品を相手の住所に送ればプレゼントとしての体裁は整うわけです
でもそれだと決定的に「気持ち」が届かないんですよね


それに一手間って入れよう入れようとしちゃうと、逆におかしくなっちゃうんです
出来てる人って自然とやってるんですよ

別に気合い入れてるわけでもなく、ただやってあげたいから、一手間加えることが習慣になってたりするんです


僕もそんな人になりたいなって思いつつ、なろうなろうとしちゃうとおかしくなるので、
まずは相手の一手間に気づいて感謝できる感性を磨こうと思います



「簡単な事なのに どうして言えないんだろう
言えない事なのに どうして伝わるんだろう」
花の名/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Raku Café marché 2017.10.22




本日はRaku Café marchéイベントの日でした

台風とのバッティングでしたが、来てくださった方々、スタッフのみなさま、ありがとうございました
そして、お疲れ様でした😃



反省点はもちろん色々あります、個人的なことイベント的なこと、がそれはそれ
次回開催のブラッシュアップに回していきたいと思います


なによりも今日来ていただいた方々が”ことだま”に興味を持っていただいたことが嬉しいです

ことだまを入り口に自分のことを好きになってもらえたり、周りの人のことを許せたり、そんなことのきっかけになっていただければありがたいですね



僕のことだまやブックセミナー、個人セッション、どれにも共通していることは、それを知ることで”息苦しさ”を手放して、”生き苦しさ”を解放していくことに繋がっていくこと



また次回の開催もあるようなので、ピンと来た方はご参加していただければと思います




最後まで読んでいただきありがとうございます
プロフィール

ヒガシユウキ

Author:ヒガシユウキ
ありがとうございます、ヒガシユウキと申します。
読んでいただいた皆さんが少しでも笑顔で前向きになるブログを目指しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR